ページの先頭です

中央階段室

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年5月18日

中央階段室

建物は、19世紀後半に流行した建築様式である、ネオバロック様式で建てられており、建物内部の中央階段室は、ネオバロック様式が最もよく表れている場所です。その特徴としては、左右対称のつくりになっていること、2階から3階までが吹き抜けになっていること、そして茶色と黄色のツートンの化粧柱がずらりと並んでいる点などがあります。

マーブル塗りの柱へ進む

市政資料館案内へ戻る

中央階段室

このページの作成担当

総務局 市政資料館庶務係

電話番号

:052-953-0051

ファックス番号

:052-953-4398

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ