ページの先頭です

第20回アジア競技大会に関する経済効果について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年1月15日

大会開催に伴う経済効果

前提条件

  • 投資支出 850億円(大会主催者負担経費の額)

        施設整備費(仮設を除く)や関連インフラ整備に係る支出は含まれていません。

  • 消費支出 大会観戦客の宿泊・飲食代等

        大会観戦客 約150万人と仮定(第17回アジア競技大会(韓国・仁川)と同じ)

経済効果(愛知県内)
経済効果合計 内訳
直接効果 第  一  次
間接波及効果
第  二  次
間接波及効果
1,625億円 942億円 375億円 309億円

(注)

  1. 内訳の合計は、端数処理により合計額と一致しません。
  2. 直接効果とは、競技大会の準備や運営による支出増加分(選手・観戦客等の消費支出を含みます。)による効果を表しています。
  3. 第一次間接波及効果とは、サプライチェーン全体を通じた需要拡大による生産誘発効果を表しています。
  4. 第二次間接波及効果とは、雇用者所得増加に伴う消費拡大による生産誘発効果を表しています。

このページの作成担当

総務局総合調整部総合調整室アジア競技大会の推進に係る総合調整担当

電話番号

:052-972-2231

ファックス番号

:052-972-4112

電子メールアドレス

a2206-01@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ