ページの先頭です

広域連携に関する研究会ワーキンググループ JYM39について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年12月5日

JYM39とは・・・

「JYM39」とは、ワーキンググループの名称です。

意味は、J:自治体連携によるY:夢のあるM:まちづくりを39:39市町村で一緒に!

日常的な関わりが深い近隣の市町村の若手・中堅職員が、この圏域における課題や将来目指すべき方向性を考えるため、市町村間の情報共有や有識者による講演を受け、実践・実験を通して、新たな連携の可能性を研究しています。ワーキングを年数回行い、そこで企画した取り組みをテストプロジェクトとして実施しています。

  • ワーキング風景写真(グループワーク1)
  • ワーキング風景写真(グループワーク2)

JYM39 Presentation

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

JYM39の取組み

自治体の枠を超え、圏域の過去・現状を見つめ、未来に向かって何が必要なのか・・・。

「真剣に」「熱く」、そして「楽しく」議論を行いました。

その議論を通じて、見えてきたものがあります。

この圏域には、沢山の魅力的な資源があります。

私たちは、この資源を活かし、一緒になって未来の幸せを実現するための8つのストーリーを考えました。

8つのストーリーに沿って企画した取り組みをテストプロジェクトとして実施しています。

詳しくは平成27年度テストプロジェクトのページをご覧ください。

※「広域連携に関する研究会ワーキンググループ成果報告書」は、ファイルサイズが大きいため、環境によってはファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。

広域連携に関する研究会ワーキンググループ成果報告書

このページの作成担当

総務局企画部大都市・広域行政推進室大都市・広域行政推進担当

電話番号

:052-972-2208

ファックス番号

:052-972-4418

電子メールアドレス

a2209-01@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ