ページの先頭です

地方分権改革の推進

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年3月28日

地方分権改革とは

 地方分権改革とは、市民の皆様にとって身近な行政サービスは地方自治体が担うという趣旨のもと、各地域の課題解決に地方自治体が主体的・総合的に取り組めるよう、地方自治体の自主性・自立性を高める取組みです。

地方分権改革の必要性

 明治期以来の中央集権型行政システムは、権限・財源・人間・情報を国家に集中させ、全国画一の統一性と公平性を重視するシステムであり、我が国の急速な近代化と経済発展に大きく貢献してきました。

 しかし、昭和から平成の時代になり、変動する国際社会への対応や個性豊かな地域社会の形成、高齢化社会への対応といった新たな時代の要請に対応しきれず、中央集権型行政システムは一種の制度疲労に陥っているとの指摘が相次ぎました。

 こうした認識のもと、地方分権改革の必要性が求められるようになり、国において、地方分権に必要な様々な法改正が行われるとともに、地方自治体からも更なる地方分権改革の推進を国に対して求めています。

国の取組み

指定都市市長会の取組み

全国市長会の取組み

このページの作成担当

総務局企画部大都市・広域行政推進室大都市・広域行政推進担当

電話番号

:052-972-2208

ファックス番号

:052-972-4418

電子メールアドレス

a2209-01@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ