ページの先頭です

119番通報受付時等に係る多言語通訳体制について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年4月27日

コールセンターを通じた多言語通訳を始めました

 名古屋市消防局では、119番通報受け付け時や、災害現場等において、日本語によるコミュニケーションが困難な外国人の方に円滑に対応するため、民間事業者通訳サービスを活用した多言語通訳の運用を開始しましたので、その概要をお知らせします。


運用開始日

2018年4月2日 (月曜日) 午前9時00分から

対応時間

365日 24時間

対応可能言語

英語・中国語・韓国語(朝鮮語)・ポルトガル語・スペイン語

(その他の言語は可能な限り対応)

運用体制

  1. 119通報受け付け時
    名古屋市防災指令センター、119番通報者、通訳事業者の三者が同時通話し必要事項を聴取
  2. 災害現場等
    現場の消防(救急)隊員と外国人傷病者が、携帯電話を相互に持ち替えて通訳事業者と通話して必要事項を聴取

運用イメージ

119番通報受け付け時

119番通報受付時の通訳イメージ

災害現場にて

災害現場での通訳イメージ

このページの作成担当

消防局消防部指令課通信係

電話番号

:052-972-3524

ファックス番号

:052-972-3577

電子メールアドレス

00tsushin@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ