ページの先頭です

毎月1日現在の世帯数と人口(全市・区別)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年6月20日

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータについて

クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの画像

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータはクリエイティブ・コモンズ表示2.1 日本ライセンス(外部リンク)別ウィンドウの下に提供されており、二次利用していただくことが可能です。ご利用にあたっては以下のページもご覧ください。

名古屋市の世帯数と人口

平成28年6月1日現在の名古屋市の世帯数は1,069,725世帯(対前月1,449世帯の増加)、人口は2,302,696人(対前月1,614人の増加)となりました。

なお、毎月の世帯数と人口は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計しています。

平成28年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

平成28年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

毎月1日現在の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

(注1)世帯数と人口総数は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口及び外国人登録人口の異動数を加減して推計したものです。なお、平成27年10月以降は、平成27年国勢調査結果の本市独自集計速報値を基礎としています。

(注2)平成24年7月中の人口異動数には、法改正に伴う外国人人口の取扱変更による数値変動が含まれます。

参考図1. 毎月1日現在人口の推移(平成23年から)

毎月1日現在人口の線グラフ



平成27年 6月1日 2,281,576人
平成27年 7月1日 2,282,172人
平成27年 8月1日 2,282,444人
平成27年 9月1日 2,283,289人
平成27年10月1日 2,296,014人
平成27年11月1日 2,297,400人
平成27年12月1日 2,298,170人
平成28年 1月1日 2,298,075人
平成28年 2月1日 2,298,358人
平成28年 3月1日 2,297,902人
平成28年 4月1日 2,295,328人
平成28年 5月1日 2,301,082人
平成28年 6月1日 2,302,696人

名古屋市の自然動態と社会動態

表1.平成28年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口

平成28年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(単位は、面積:平方キロメートル、人口密度:人/平方キロメートル、性比:男/女×100)
区名面積世帯数人口総数性比1世帯
当たり
人員
人口
密度
対前月
世帯
増減数
対前月
人口
増減数
全市326.45 1,069,725 2,302,696 1,136,785 1,165,911 97.5 2.15 7,054 1,449 1,614
千種区18.18 85,683 164,915 80,527 84,388 95.4 1.92 9,071 114 179
東区7.71 41,656 78,362 37,419 40,943 91.4 1.88 10,164 49 60
北区17.53 76,127 163,544 79,416 84,128 94.4 2.15 9,329 139 112
西区17.93 70,818 149,831 74,276 75,555 98.3 2.12 8,356 58 31
中村区16.30 67,351 134,180 68,231 65,949 103.5 1.99 8,232 41 -26
中区9.38 54,634 84,262 41,329 42,933 96.3 1.54 8,983 222 301
昭和区10.94 55,903 108,029 54,022 54,007 100.0 1.93 9,875 101 121
瑞穂区11.22 49,348 106,146 51,128 55,018 92.9 2.15 9,460 97 150
熱田区8.20 32,179 66,070 32,606 33,464 97.4 2.05 8,057 21 17
中川区32.02 96,280 220,285 109,091 111,194 98.1 2.29 6,880 118 45
港区45.64 61,870 146,338 73,540 72,798 101.0 2.37 3,206 6 -60
南区18.46 61,699 136,770 69,344 67,426 102.8 2.22 7,409 116 86
守山区34.01 70,314 173,384 85,790 87,594 97.9 2.47 5,098 48 37
緑区37.91 96,347 242,939 119,503 123,436 96.8 2.52 6,408 152 237
名東区19.45 74,532 164,570 79,462 85,108 93.4 2.21 8,461 106 218
天白区21.58 74,984 163,071 81,101 81,970 98.9 2.17 7,557 61 106
平成27年6月1日326.44 1,055,779 2,281,576 1,124,087 1,157,489 97.1 2.16 6,989 1,062 1,161
対前年同月比0.01 13,946 21,120 12,698 8,422 0.4 -0.01 65 387 453
  • 平成28年5月中の出生数は1,787人、死亡数は1,817人で自然増減(出生-死亡)は30人の減少、転入数は12,019人、転出数は10,375人で社会増減(転入-転出)は1,644人の増加となりました。また、この1年間(平成27年6月から平成28年5月)で、自然増減は1,207人の減少、社会増減は10,597人の増加となりました。

表2.平成28年5月中の人口動態

平成28年5月中の人口動態(自然動態:出生、死亡、自然増減)(社会動態:転入、転出、社会増減)(単位は人)
区名出生死亡自然
増減
転入うち)
市外
転入
うち)
区間
移動
転出うち)
市外
転出
うち)
区間
移動
社会
増減
全市1,7871,817-3012,0197,5284,24410,3755,8954,2231,644
千種区108113-5998629360814457346184
東区5851756231522950924024253
北区110143-33747437305602359229145
西区120115572749322170141126826
中村区80142-6284354327780747831136
中区686081,060726302767420315293
昭和区101703170540029061532127990
瑞穂区8591-6592300280436213218156
熱田区4360-1738323514434915418734
中川区184195-1194458534188851435356
港区100143-43513283213530278226-17
南区108140-32648399238530267250118
守山区132124865540622862640321429
緑区21614868898609269729466250169
名東区13710829962667273773491270189
天白区1371142378250127469942326583
平成27年5月中1,6981,6752310,6936,5653,9369,5555,3273,9181,138
対前年同月比89142-531,326963308820568305506
平成27年6月から平成28年5月20,18821,395-1,207159,180100,69955,608148,58389,25255,36510,597
  • 世帯数と人口総数は、平成27年国勢調査結果の本市独自集計速報値を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計したものです。
  • 世帯数と人口の対前年同月比の数値は、人口動態(自然動態・社会動態)の結果とは一致しない。                                                                   
  • 転入・転出には、職権記載・消除等を含むため、内書きの合計数とは一致しない。
  • 面積は、国土交通省国土地理院「平成27年全国都道府県市区町村別面積調」による。ただし、緑・名東区は市外との境界未定があるため、「平成3年同面積調」を基礎とし、名東区については平成7年12月2日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正、緑区については平成16年10月9日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正について加減した。

参考図2.本市の主要国籍別外国人人口の推移(平成元年から28年)


平成28年6月1日の住民基本台帳上の外国人人口が7万人を突破しました。そこで、平成元年から平成28年6月までの期間について、主要国籍別の外国人人口の推移についてグラフ化しました。
平成19年までは韓国・朝鮮の方が最大でしたが、平成20年以降は中国の方が最大となっています。それ以外の国籍では、フィリピンの方が長く増加傾向にある一方で、ブラジルの方は平成19年をピークに減少しています。近年では、ベトナムの方が平成25年以降急増しており、平成27年以降ブラジルの方を上回っていることが分かります。

関連リンク

このページの作成担当

総務局企画部統計課統計係

電話番号

:052-972-2252

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2251@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ