ページの先頭です

毎月1日現在の世帯数と人口(全市・区別)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年2月20日

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータについて

クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの画像

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータはクリエイティブ・コモンズ表示2.1 日本ライセンス(外部リンク)別ウィンドウの下に提供されており、二次利用していただくことが可能です。ご利用にあたっては以下のページもご覧ください。

名古屋市の世帯数と人口

平成29年2月1日現在の名古屋市の世帯数は1,075,388世帯(対前月74世帯の減少)、人口は2,306,901人(対前月406人の減少)となりました。

なお、毎月の世帯数と人口は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計しています。

平成29年2月1日現在の名古屋市の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

平成29年2月1日現在の名古屋市の世帯数と人口

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

毎月1日現在の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

(注1)世帯数と人口総数は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口及び外国人登録人口の異動数を加減して推計したものです。

(注2)平成24年7月中の人口異動数には、法改正に伴う外国人人口の取扱変更による数値変動が含まれます。

参考図1. 毎月1日現在人口の推移(平成24年から)

毎月1日現在人口の線グラフ


平成28年 2月1日 2,297,982人
平成28年 3月1日 2,297,526人
平成28年 4月1日 2,294,952人
平成28年 5月1日 2,300,706人
平成28年 6月1日 2,302,320人
平成28年 7月1日 2,302,769人
平成28年 8月1日 2,303,075人
平成28年 9月1日 2,304,170人
平成28年10月1日 2,304,794人
平成28年11月1日 2,306,415人
平成28年12月1日 2,307,292人
平成29年 1月1日 2,307,307人
平成29年 2月1日 2,306,901人

表1.平成29年2月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(全市・区別)

平成29年2月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(単位は、面積:平方キロメートル、人口密度:人/平方キロメートル、性比:男/女×100)
区名面積世帯数人口総数性比1世帯
当たり
人員
人口
密度
対前月
世帯
増減数
対前月
人口
増減数
全市326.45 1,075,388 2,306,901 1,139,574 1,167,327 97.6 2.15 7,067 -74 -406
千種区18.18 85,913 165,511 80,930 84,581 95.7 1.93 9,104 -1 18
東区7.71 41,789 78,557 37,594 40,963 91.8 1.88 10,189 5 3
北区17.53 76,506 163,744 79,553 84,191 94.5 2.14 9,341 -7 0
西区17.93 70,945 149,529 74,153 75,376 98.4 2.11 8,340 -54 -141
中村区16.30 67,611 134,090 68,219 65,871 103.6 1.98 8,226 -71 -159
中区9.38 55,230 84,861 41,614 43,247 96.2 1.54 9,047 -130 -126
昭和区10.94 56,076 108,563 54,360 54,203 100.3 1.94 9,923 -32 -6
瑞穂区11.22 49,423 106,472 51,302 55,170 93.0 2.15 9,489 0 20
熱田区8.20 32,191 65,986 32,570 33,416 97.5 2.05 8,047 8 -33
中川区32.02 96,969 220,277 109,067 111,210 98.1 2.27 6,879 28 -97
港区45.64 62,136 145,675 73,260 72,415 101.2 2.34 3,192 -44 -176
南区18.46 61,688 136,434 69,232 67,202 103.0 2.21 7,391 -12 -61
守山区34.01 71,098 174,119 86,188 87,931 98.0 2.45 5,120 -4 -64
緑区37.91 97,251 243,880 120,032 123,848 96.9 2.51 6,433 137 129
名東区19.45 75,016 165,589 80,030 85,559 93.5 2.21 8,514 62 197
天白区21.58 75,546 163,614 81,470 82,144 99.2 2.17 7,582 41 90
平成28年2月1日326.44 1,060,813 2,297,982 1,135,058 1,162,924 97.6 2.17 7,040 332 283
対前年同月比0.01 14,575 8,919 4,516 4,403 0.0 -0.02 27 -406 -689
  • 世帯数と人口は、平成27年国勢調査結果の確定値を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計したものです。
  • 面積は、国土交通省国土地理院「平成27年全国都道府県市区町村別面積調」による。ただし、緑・名東区は市外との境界未定があるため、「平成3年同面積調」を基礎とし、名東区については平成7年12月2日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正、緑区については平成16年10月9日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正について加減した。

名古屋市の自然動態と社会動態

平成29年1月中の出生数は1,695人、死亡数は2,375人で自然増減(出生-死亡)は680人の減少、転入数は10,000人、転出数は9,726人で社会増減(転入-転出)は274人の増加となりました。また、この1年間(平成28年2月から平成29年1月)で、自然増減は1,690人の減少、社会増減は10,609人の増加となりました。

表2.平成29年1月中の人口動態

平成29年1月中の人口動態(自然動態:出生、死亡、自然増減)(社会動態:転入、転出、社会増減)(単位は人)
区名出生死亡自然
増減
転入うち)
市外
転入
うち)
区間
移動
転出うち)
市外
転出
うち)
区間
移動
社会
増減
全市1,6952,375-68010,0006,1643,6639,7265,7743,654274
千種区121162-4175247127569340327059
東区6590-2544924519942122518628
北区124192-6862839422556032422168
西区116150-34577401162684444215-107
中村区83172-89759488266829528272-70
中区7381-8753489244871530300-118
昭和区85102-1753030621351928521111
瑞穂区82118-3642722619537118917656
熱田区3479-4534219114233016915512
中川区155269-11483949432782245335517
港区88158-70458253182564299233-106
南区86159-7357633523456436818512
守山区116190-7456633021855634118210
緑区20719512790540240673433230117
名東区1361279810576229622390221188
天白区124131-774442531264739324297
平成28年1月中1,7042,045-34110,1746,0793,8359,5505,4743,812624
対前年同月比-9330-339-17485-172176300-158-350
平成28年2月から29年1月20,24221,932-1,690157,353100,29554,400146,74488,79954,20610,609

(注)転入・転出には、職権記載・消除等を含むため、内書きの合計数とは一致しない。

 

参考図2.尾張エリアのとの移動の状況(平成24年から平成28年:前年10月中から当該年9月中)

尾張エリアとの移動の状況(平成24年から平成28年:前年10月中から当該年9月中)

 本市では、平成28年(平成27年10月中から平成28年9月中)に、県内他市町村との移動において、尾張エリアに対して、昭和56年10月の愛知県人口動向調査以来初めて社会増(本市への転入超過)となりました。そこで今回は尾張エリアとの移動の状況を取り上げました。
 尾張エリアに対する社会増減数は、転入数の増加と転出数の減少により、平成25年以降社会減が縮小し続け、平成28年には社会増に転じました(左のグラフ)。
 右のグラフは、尾張エリアの市町村のうち、平成28年に社会増の大きかった上位3市町村と社会減の大きかった上位3市町村について、過去5年間の社会増減数の推移を表したものです。平成28年に尾張エリアで最も社会増が大きかったのは春日井市、次いで知多市、瀬戸市でした。また、社会減が最も大きかったのは大治町、次いで尾張旭市、長久手市でした。
 春日井市、知多市に対しては、平成28年は大幅な社会増ですが、平成27年は社会減であり、年によって大きく変動しています。瀬戸市に対しては、平成24年は社会減でしたが、平成25年以降は4年連続で社会増になっています。大治町、尾張旭市、長久手市に対しては、いずれも過去5年間社会減が続いています。その中で長久手市に対する社会減は年によって大きく変動しています。

関連リンク

  • 毎月人口の公表スケジュール
  • 愛知県人口動向調査結果(名古屋市分)                                                           毎年(前年10月から当該年9月)の人口の異動状況(出生、死亡、転入、転出など)を掲載しています。
  • 人口の推移(市制施行(明治22年)以降)(名古屋市統計年鑑2-1)                                                     市制施行以来の世帯数と人口(総数、男、女)、性比、面積、人口密度などの推移を掲載しています。
  • 区別人口の長期推移                                                       区制実施(明治41年)以降の毎年の区別人口の推移を掲載しています。

このページの作成担当

総務局企画部統計課統計係

電話番号

:052-972-2252

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2251@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ