ページの先頭です

毎月1日現在の世帯数と人口(全市・区別)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月21日

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータについて

クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの画像

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータはクリエイティブ・コモンズ表示2.1 日本ライセンス(外部リンク)別ウィンドウの下に提供されており、二次利用していただくことが可能です。ご利用にあたっては以下のページもご覧ください。

名古屋市の世帯数と人口

平成29年3月1日現在の名古屋市の世帯数は1,075,285世帯(対前月103世帯の減少)、人口は2,306,083人(対前月818人の減少)となりました。

なお、毎月の世帯数と人口は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計しています。

平成29年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

平成29年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

毎月1日現在の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

(注1)世帯数と人口総数は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口及び外国人登録人口の異動数を加減して推計したものです。

(注2)平成24年7月中の人口異動数には、法改正に伴う外国人人口の取扱変更による数値変動が含まれます。

参考図1. 毎月1日現在人口の推移(平成24年から)

毎月1日現在人口の線グラフ



平成28年 3月1日 2,297,526人
平成28年 4月1日 2,294,952人
平成28年 5月1日 2,300,706人
平成28年 6月1日 2,302,320人
平成28年 7月1日 2,302,769人
平成28年 8月1日 2,303,075人
平成28年 9月1日 2,304,170人
平成28年10月1日 2,304,794人
平成28年11月1日 2,306,415人
平成28年12月1日 2,307,292人
平成29年 1月1日 2,307,307人
平成29年 2月1日 2,306,901人
平成29年 3月1日 2,306,083人

表1.平成29年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(全市・区別)

平成29年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(単位は、面積:平方キロメートル、人口密度:人/平方キロメートル、性比:男/女×100)
区名面積世帯数人口総数性比1世帯
当たり
人員
人口
密度
対前月
世帯
増減数
対前月
人口
増減数
全市326.45 1,075,285 2,306,083 1,139,169 1,166,914 97.6 2.14 7,064 -103 -818
千種区18.18 85,888 165,440 80,928 84,512 95.8 1.93 9,100 -25 -71
東区7.71 41,826 78,582 37,580 41,002 91.7 1.88 10,192 37 25
北区17.53 76,487 163,584 79,486 84,098 94.5 2.14 9,332 -19 -160
西区17.93 70,981 149,499 74,140 75,359 98.4 2.11 8,338 36 -30
中村区16.30 67,602 134,061 68,170 65,891 103.5 1.98 8,225 -9 -29
中区9.38 55,199 84,826 41,642 43,184 96.4 1.54 9,043 -31 -35
昭和区10.94 55,955 108,352 54,283 54,069 100.4 1.94 9,904 -121 -211
瑞穂区11.22 49,402 106,462 51,270 55,192 92.9 2.16 9,489 -21 -10
熱田区8.20 32,191 65,974 32,570 33,404 97.5 2.05 8,046 0 -12
中川区32.02 97,011 220,194 109,014 111,180 98.1 2.27 6,877 42 -83
港区45.64 62,047 145,461 73,146 72,315 101.1 2.34 3,187 -89 -214
南区18.46 61,723 136,417 69,192 67,225 102.9 2.21 7,390 35 -17
守山区34.01 71,160 174,222 86,264 87,958 98.1 2.45 5,123 62 103
緑区37.91 97,212 243,745 119,962 123,783 96.9 2.51 6,430 -39 -135
名東区19.45 75,028 165,653 80,033 85,620 93.5 2.21 8,517 12 64
天白区21.58 75,573 163,611 81,489 82,122 99.2 2.16 7,582 27 -3
平成28年3月1日326.44 1,061,191 2,297,526 1,134,834 1,162,692 97.6 2.17 7,038 378 -456
対前年同月比0.01 14,094 8,557 4,335 4,222 0.0 -0.03 26 -481 -362
  • 世帯数と人口は、平成27年国勢調査結果の確定値を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計したものです。
  • 面積は、国土交通省国土地理院「平成28年全国都道府県市区町村別面積調」による。ただし、緑・名東区は市外との境界未定があるため、「平成3年同面積調」を基礎とし、名東区については平成7年12月2日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正、緑区については平成16年10月9日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正について加減した。

名古屋市の自然動態と社会動態

平成29年2月中の出生数は1,511人、死亡数は1,859人で自然増減(出生-死亡)は348人の減少、転入数は10,605人、転出数は11,075人で社会増減(転入-転出)は470人の減少となりました。また、この1年間(平成28年3月から平成29年2月)で、自然増減は1,675人の減少、社会増減は10,232人の増加となりました。

表2.平成29年2月中の人口動態

平成29年2月中の人口動態(自然動態:出生、死亡、自然増減)(社会動態:転入、転出、社会増減)(単位は人)
区名出生死亡自然
増減
転入うち)
市外
転入
うち)
区間
移動
転出うち)
市外
転出
うち)
区間
移動
社会
増減
全市1,5111,859-34810,6056,1824,24111,0756,5684,221-470
千種区87137-50831489309852491343-21
東区2964-3552126425246126018760
北区113172-59611331273712405293-101
西区111117-6680437234704448247-24
中村区86133-4790360429288552734018
中区5365-12787493282810437346-23
昭和区4984-35506260240682411261-176
瑞穂区7096-2643520922441920720616
熱田区4260-183551901633491931506
中川区157177-20870497362933534365-63
港区81138-57464249199621293268-157
南区83135-5264036526760533026535
守山区126120664739023655035618597
緑区205138678095212681,011719275-202
名東区1351013481647633378652324130
天白区84122-3873040730769543424935
平成28年2月中1,6512,014-36311,2216,4694,55811,3146,4704,546-93
対前年同月比-140-15515-616-287-317-23998-325-377
平成28年3月から29年2月20,10221,777-1,675156,737100,00854,083146,50588,89753,88110,232

(注)転入・転出には、職権記載・消除等を含むため、内書きの合計数とは一致しない。

 

参考図2.学区別人口増減の区別比較(平成28年3月と平成29年3月との比較)

学区別人口増減の区別比較(平成28年3月と平成29年3月との比較)

 本市の人口については、平成28年5月に230万人を突破し、平成29年3月1日現在でも対前年比で8,557人増加しています。今回は、学区別の1年間の人口増加率について区別に人口増と人口減の学区数をグラフで示しました。また、学区別の人口増加率について地図上に表わしたものもあわせて掲載しました。
 今年1年間で人口増となった学区数は149学区、人口減となった学区は117学区となっています。そのため、全体として地図上でも人口増となった学区であることを示す赤色が人口減となった学区であることを示す青色を上回っています。区別に見ると、千種区など10区で人口増の学区数が人口減の学区数を上回っていますが、西区、熱田区、中川区、港区、南区では人口増の学区数が人口減の学区数を下回っています。このため、地図上でも市の南西部に人口減の青色が目立ちます。
2%以上の人口増減の学区についてみると、2%以上の人口増の学区が千種区、中川区、南区を除く13区で幅広くみられ、なかでも中区では人口増の学区の半数で2%以上の人口増となっています。

関連リンク

  • 毎月人口の公表スケジュール
  • 愛知県人口動向調査結果(名古屋市分)                                                           毎年(前年10月から当該年9月)の人口の異動状況(出生、死亡、転入、転出など)を掲載しています。
  • 人口の推移(市制施行(明治22年)以降)(名古屋市統計年鑑2-1)                                                     市制施行以来の世帯数と人口(総数、男、女)、性比、面積、人口密度などの推移を掲載しています。
  • 区別人口の長期推移                                                       区制実施(明治41年)以降の毎年の区別人口の推移を掲載しています。

このページの作成担当

総務局企画部統計課統計係

電話番号

:052-972-2252

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2251@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ