ページの先頭です

毎月1日現在の世帯数と人口(全市・区別)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年6月19日

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータについて

 このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel及びCSVデータは、オープンデータとして提供しており、クレジット表記すること(データ名:統計なごやweb版)により、二次利用していただくことが可能です。ご利用の場合は以下のページもご覧ください。

名古屋市の世帯数と人口

平成29年6月1日現在の名古屋市の世帯数は1,085,067世帯(対前月1,730世帯の増加)、人口は2,311,553人(対前月1,800人の増加)となりました。

なお、毎月の世帯数と人口は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計しています。

平成29年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

平成29年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

毎月1日現在の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

(注1)世帯数と人口総数は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口及び外国人登録人口の異動数を加減して推計したものです。

(注2)平成24年7月中の人口異動数には、法改正に伴う外国人人口の取扱変更による数値変動が含まれます。

参考図1. 毎月1日現在人口の推移(平成24年から)

毎月1日現在人口の線グラフ




平成28年 6月1日 2,302,320人
平成28年 7月1日 2,302,769人
平成28年 8月1日 2,303,075人
平成28年 9月1日 2,304,170人
平成28年10月1日 2,304,794人
平成28年11月1日 2,306,415人
平成28年12月1日 2,307,292人
平成29年 1月1日 2,307,307人
平成29年 2月1日 2,306,901人
平成29年 3月1日 2,306,083人
平成29年 4月1日 2,303,070人
平成29年 5月1日 2,309,753人
平成29年 6月1日 2,311,553人

表1.平成29年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(全市・区別)

平成29年6月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(単位は、面積:平方キロメートル、人口密度:人/平方キロメートル、性比:男/女×100)
区名面積世帯数人口総数性比1世帯
当たり
人員
人口
密度
対前月
世帯
増減数
対前月
人口
増減数
全市326.45 1,085,067 2,311,553 1,141,765 1,169,788 97.6 2.13 7,081 1,730 1,800
千種区18.18 86,571 165,965 81,163 84,802 95.7 1.92 9,129 168 254
東区7.71 42,277 78,815 37,725 41,090 91.8 1.86 10,222 69 18
北区17.53 77,094 163,674 79,532 84,142 94.5 2.12 9,337 130 74
西区17.93 71,691 149,775 74,302 75,473 98.4 2.09 8,353 159 142
中村区16.30 68,661 134,742 68,534 66,208 103.5 1.96 8,266 17 28
中区9.38 56,348 85,849 42,149 43,700 96.5 1.52 9,152 185 212
昭和区10.94 56,591 109,054 54,591 54,463 100.2 1.93 9,968 99 150
瑞穂区11.22 49,842 106,936 51,490 55,446 92.9 2.15 9,531 92 113
熱田区8.20 32,461 66,183 32,642 33,541 97.3 2.04 8,071 35 74
中川区32.02 97,906 220,564 109,241 111,323 98.1 2.25 6,888 168 88
港区45.64 62,183 145,155 72,941 72,214 101.0 2.33 3,180 18 -36
南区18.46 62,291 136,636 69,301 67,335 102.9 2.19 7,402 165 124
守山区34.01 71,630 174,491 86,431 88,060 98.2 2.44 5,131 85 110
緑区37.91 97,826 243,930 120,083 123,847 97.0 2.49 6,434 221 257
名東区19.45 75,590 165,998 80,113 85,885 93.3 2.20 8,535 31 15
天白区21.58 76,105 163,786 81,527 82,259 99.1 2.15 7,590 88 177
平成28年6月1日326.45 1,070,286 2,302,320 1,137,180 1,165,140 97.6 2.15 7,053 1,449 1,614
対前年同月比0.00 14,781 9,233 4,585 4,648 0.0 -0.02 28 281 186
  • 世帯数と人口は、平成27年国勢調査結果の確定値を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計したものです。
  • 面積は、国土交通省国土地理院「平成28年全国都道府県市区町村別面積調」による。ただし、緑・名東区は市外との境界未定があるため、「平成3年同面積調」を基礎とし、名東区については平成7年12月2日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正、緑区については平成16年10月9日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正について加減した。

名古屋市の自然動態と社会動態

平成29年5月中の出生数は1,742人、死亡数は1,815人で自然増減(出生-死亡)は73人の減少、転入数は12,889人、転出数は11,016人で社会増減(転入-転出)は1,873人の増加となりました。また、この1年間(平成28年6月から平成29年5月)で、自然増減は1,802人の減少、社会増減は11,035人の増加となりました。

表2.平成29年5月中の人口動態

平成29年5月中の人口動態(自然動態:出生、死亡、自然増減)(社会動態:転入、転出、社会増減)(単位は人)
区名出生死亡自然
増減
転入うち)
市外
転入
うち)
区間
移動
転出うち)
市外
転出
うち)
区間
移動
社会
増減
全市1,7421,815-7312,8898,0384,62511,0166,1424,6041,873
千種区119133-141,097716371829449365268
東区5764-759935822857425929025
北区118152-34823504308715419286108
西区107108-1807554244664389265143
中村区112149-3794761730888250435865
中区535211,121747353910489379211
昭和区897910726411303586316250140
瑞穂区82802569283276458220228111
熱田区3958-1945326518436017218293
中川区161185-241,066660396954492446112
港区70123-5355230222853528822917
南区105135-30727475238573331226154
守山区1441143070243024962240520080
緑区22516560966640311769466290197
名東区12210616874585272875547307-1
天白区13911227860491356710396303150
平成28年5月中1,7871,817-3012,0197,5284,24410,3755,8954,2231,644
対前年同月比-45-2-43870510381641247381229
平成28年6月から29年5月20,01921,821-1,802158,747101,73854,348147,71289,82254,15711,035

(注)転入・転出には、職権記載・消除等を含むため、内書きの合計数とは一致しない。

 

参考図2.平成29年《3月+4月》の年齢階級別地域別社会増減数

平成29年《3月+4月》の年齢階級別地域別社会増減数

 3月中及び4月中は、本市では、就職、転勤、進学などの影響を受け1年で社会増減数が最も大きく変動する時期です。今回は、この2ヶ月について、男女別に、年齢階級別、地域別の社会増減数を見てみました。
 グラフを見てわかるとおり、男女とも20代前半の階級で最も社会増(転入超過)が大きくなっています。その20代前半について地域別内訳を見ると、男女ともに、全体としては大きく社会増となる中で、唯一関東に対しては社会減(転出超過)となっています。そして関東への社会減は、女性の方が男性より大きくなっています。一方社会増となった地域を見ると、男女とも、中部(愛知県除く)に対する社会増が最も大きく、国外に対する社会増がそれに続いています。ただし、男性では1位の中部(愛知県除く)と2位の国外に対する社会増がほぼ同じなのに対し、女性では、1位の中部(愛知県除く)に対する社会増が2位の国外に対する社会増に大きく差をつけているという違いがみられます。愛知県内他市町村に対する社会増についても男女間で違いがみられ、女性では大きな社会増となっていますが、男性では、社会増ではあるもののその規模はとても小さいものとなっています。

関連リンク

  • 毎月人口の公表スケジュール
  • 愛知県人口動向調査結果(名古屋市分)                                                           毎年(前年10月から当該年9月)の人口の異動状況(出生、死亡、転入、転出など)を掲載しています。
  • 人口の推移(市制施行(明治22年)以降)(名古屋市統計年鑑2-1)                                                     市制施行以来の世帯数と人口(総数、男、女)、性比、面積、人口密度などの推移を掲載しています。
  • 区別人口の長期推移                                                       区制実施(明治41年)以降の毎年の区別人口の推移を掲載しています。

このページの作成担当

総務局企画部統計課統計係

電話番号

:052-972-2252

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2251@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ