ページの先頭です

毎月1日現在の世帯数と人口(全市・区別)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月20日

このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel、CSVデータについて

 このページ内にある本文、参考図、表、PDF、Excel及びCSVデータは、オープンデータとして提供しており、クレジット表記すること(データ名:統計なごやweb版)により、二次利用していただくことが可能です。ご利用の場合は以下のページもご覧ください。

名古屋市の世帯数と人口

平成29年4月1日現在の名古屋市の世帯数は1,077,929世帯(対前月2,644世帯の増加)、人口は2,303,070人(対前月3,013人の減少)となりました。

なお、毎月の世帯数と人口は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計しています。

平成29年4月1日現在の名古屋市の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

平成29年4月1日現在の名古屋市の世帯数と人口

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

毎月1日現在の世帯数と人口は、以下からダウンロードすることができます。

(注1)世帯数と人口総数は、国勢調査結果を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口及び外国人登録人口の異動数を加減して推計したものです。

(注2)平成24年7月中の人口異動数には、法改正に伴う外国人人口の取扱変更による数値変動が含まれます。

参考図1. 毎月1日現在人口の推移(平成24年から)

毎月1日現在人口の線グラフ




平成28年 4月1日 2,294,952人
平成28年 5月1日 2,300,706人
平成28年 6月1日 2,302,320人
平成28年 7月1日 2,302,769人
平成28年 8月1日 2,303,075人
平成28年 9月1日 2,304,170人
平成28年10月1日 2,304,794人
平成28年11月1日 2,306,415人
平成28年12月1日 2,307,292人
平成29年 1月1日 2,307,307人
平成29年 2月1日 2,306,901人
平成29年 3月1日 2,306,083人
平成29年 4月1日 2,303,070人

表1.平成29年4月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(全市・区別)

平成29年4月1日現在の名古屋市の世帯数と人口(単位は、面積:平方キロメートル、人口密度:人/平方キロメートル、性比:男/女×100)
区名面積世帯数人口総数性比1世帯
当たり
人員
人口
密度
対前月
世帯
増減数
対前月
人口
増減数
全市326.45 1,077,929 2,303,070 1,136,789 1,166,281 97.5 2.14 7,055 2,644 -3,013
千種区18.18 85,719 164,755 80,425 84,330 95.4 1.92 9,062 -169 -685
東区7.71 41,892 78,408 37,482 40,926 91.6 1.87 10,170 66 -174
北区17.53 76,642 163,284 79,235 84,049 94.3 2.13 9,315 155 -300
西区17.93 71,214 149,303 73,986 75,317 98.2 2.10 8,327 233 -196
中村区16.30 68,114 134,246 68,259 65,987 103.4 1.97 8,236 512 185
中区9.38 55,574 85,017 41,643 43,374 96.0 1.53 9,064 375 191
昭和区10.94 56,071 108,283 54,146 54,137 100.0 1.93 9,898 116 -69
瑞穂区11.22 49,533 106,443 51,228 55,215 92.8 2.15 9,487 131 -19
熱田区8.20 32,315 65,957 32,541 33,416 97.4 2.04 8,044 124 -17
中川区32.02 97,377 220,201 109,007 111,194 98.0 2.26 6,877 366 7
港区45.64 62,055 145,142 72,917 72,225 101.0 2.34 3,180 8 -319
南区18.46 61,986 136,406 69,186 67,220 102.9 2.20 7,389 263 -11
守山区34.01 71,257 173,943 86,085 87,858 98.0 2.44 5,114 97 -279
緑区37.91 97,380 243,466 119,799 123,667 96.9 2.50 6,422 168 -279
名東区19.45 75,102 165,064 79,644 85,420 93.2 2.20 8,487 74 -589
天白区21.58 75,698 163,152 81,206 81,946 99.1 2.16 7,560 125 -459
平成28年4月1日326.45 1,063,956 2,294,952 1,132,953 1,161,999 97.5 2.16 7,030 2,765 -2,574
対前年同月比0.00 13,973 8,118 3,836 4,282 0.0 -0.02 25 -121 -439
  • 世帯数と人口は、平成27年国勢調査結果の確定値を基礎とし、毎月の住民基本台帳人口の異動数を加減して推計したものです。
  • 面積は、国土交通省国土地理院「平成28年全国都道府県市区町村別面積調」による。ただし、緑・名東区は市外との境界未定があるため、「平成3年同面積調」を基礎とし、名東区については平成7年12月2日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正、緑区については平成16年10月9日の天白区との区界変更及び平成19年10月1日の面積修正について加減した。

名古屋市の自然動態と社会動態

平成29年3月中の出生数は1,646人、死亡数は2,048人で自然増減(出生-死亡)は402人の減少、転入数は26,357人、転出数は28,968人で社会増減(転入-転出)は2,611人の減少となりました。また、この1年間(平成28年4月から平成29年3月)で、自然増減は1,820人の減少、社会増減は9,938人の増加となりました。

表2.平成29年3月中の人口動態

平成29年3月中の人口動態(自然動態:出生、死亡、自然増減)(社会動態:転入、転出、社会増減)(単位は人)
区名出生死亡自然
増減
転入うち)
市外
転入
うち)
区間
移動
転出うち)
市外
転出
うち)
区間
移動
社会
増減
全市1,6462,048-40226,35718,8377,21128,96821,4167,194-2,611
千種区115119-42,3851,7965573,0662,396645-681
東区5466-121,0826933771,244863357-162
北区87184-971,5361,0155051,7391,294433-203
西区88131-431,5531,1763651,7061,307387-153
中村区91122-311,9671,5204371,7511,181550216
中区696451,9521,4634601,7661,176548186
昭和区8690-41,8931,3555191,9581,494425-65
瑞穂区8696-101,2798124571,288885393-9
熱田区4364-219165963059125573454
中川区158204-461,9611,3206161,9081,29359253
港区92142-501,0216243721,290834411-269
南区65179-1141,3278804251,224789424103
守山区158142161,4421,0573591,7371,419294-295
緑区201183181,8081,3254592,1051,611471-297
名東区117130-132,3731,8524962,9492,545380-576
天白区13613241,8621,3535022,3251,772539-463
平成28年3月中1,7171,974-25725,92418,3417,29828,24120,6017,270-2,317
対前年同月比-7174-145433496-87727815-76-294
平成28年4月から29年3月20,03121,851-1,820157,170100,50453,996147,23289,71253,8059,938

(注)転入・転出には、職権記載・消除等を含むため、内書きの合計数とは一致しない。

 

参考図2.区別《2月+3月》の社会増減数の推移(平成25年から平成29年)

区別《2月+3月》の社会増減数の推移(平成25年から平成29年)

 平成28年4月から平成29年3月までの期間の本市の社会増減は9,938人の社会増でした。月別にみると2月、3月のみが社会減となり、その他の月は社会増となりました。2月と3月は進学や就職等の理由で社会減となると考えられますが、過去5年間をみても常に社会減となっています。今回は、この2月、3月の社会増減について、区別の状況を調べてみました。
 「区別《2月+3月》の社会増減数の推移(平成25年から平成29年)」をみると、市全体では社会減となる2月、3月についても、市内16区すべてで社会減となっているのではないことが分かります。2月、3月について過去5年間すべて社会減となった区は千種区、北区、昭和区、中川区、港区、守山区、名東区、天白区の8区でした。その他の区のうち、西区、中村区、中区、瑞穂区、熱田区については、社会増となった年が社会減となった年よりも多くなっています。

関連リンク

  • 毎月人口の公表スケジュール
  • 愛知県人口動向調査結果(名古屋市分)                                                           毎年(前年10月から当該年9月)の人口の異動状況(出生、死亡、転入、転出など)を掲載しています。
  • 人口の推移(市制施行(明治22年)以降)(名古屋市統計年鑑2-1)                                                     市制施行以来の世帯数と人口(総数、男、女)、性比、面積、人口密度などの推移を掲載しています。
  • 区別人口の長期推移                                                       区制実施(明治41年)以降の毎年の区別人口の推移を掲載しています。

このページの作成担当

総務局企画部統計課統計係

電話番号

:052-972-2252

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2251@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ