ページの先頭です

ダイオキシン類調査結果(環境調査・発生源調査)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年6月13日

ダイオキシン類対策特別措置法(以下「法」という)の規定に基づき、ダイオキシン類の環境調査及び発生源調査を行っています。

このページでは平成30年度の調査結果をとりまとめています。また、過去5年分の調査結果についてもご覧いただくことができます。

1-1 平成30年度環境調査結果(添付ファイルの1ページから6ページ参照)

 法第26条の規定に基づき、環境調査を実施しました。その結果、すべて環境基準を達成していました。

(1)大気環境

市内4地点で季節ごとに調査した結果、すべての地点で環境基準を達成していました。

(2)水環境

ア 水質

市内6河川及び3海域で夏季及び冬季に調査した結果、すべての地点で環境基準を達成していました。

イ 底質

市内6河川及び3海域で夏季に調査した結果、すべての地点で環境基準を達成していました。

ウ 水生生物(魚類)

市内1海域で夏季に調査した結果、環境省が平成11年度に実施した全国調査結果の範囲内でした。

エ 地下水

市内4地点で調査した結果、すべての地点で環境基準を達成していました。

(3)土壌環境

市内4地点で調査した結果、すべての地点で環境基準を達成していました。

1-2 平成30年度発生源調査結果(添付ファイルの7ページから15ページ参照)

(1)行政検査結果

 事業者の排出基準の遵守状況を確認するため、排出ガスでは6施設、排出水では1排水口で行政検査を実施しました。その結果、すべて基準に適合していました。

(2)事業者測定結果

 法第28条の規定に基づき、事業者は、毎年1回以上排出ガス、排出水及びばいじん等に含まれるダイオキシン類の測定を行い、その結果を市長に報告することとされています。
 排出基準との適合状況を見ると、排出ガス、排出水及びばいじん等すべてで排出基準に適合していました。

 ただし、排出ガス及びばいじん等では、4施設について測定結果が報告されませんでした。該当する事業者に対しては、適切に指導していきます。排出水については、報告されなかった施設はありませんでした。

2 過去の調査結果

このページの作成担当

環境局地域環境対策部地域環境対策課有害化学物質対策係

電話番号

:052-972-2677

ファックス番号

:052-972-4155

電子メールアドレス

a2677@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ