ページの先頭です

道路と鉄道の立体交差化

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年2月8日

ページの概要:道路と鉄道の立体交差化の紹介

道路と鉄道の立体交差化の目的

 市内の鉄道と主要幹線街路との交差箇所は、196箇所あり、このうち28箇所が、まだ平面交差となっているなど、踏切部における交通事故、交通渋滞、地域分断など都市活動に大きな支障を来している現状である。

 これらを解消するため、道路と鉄道を立体交差化し、道路交通の円滑化、自動車排出ガスの削減、安全性の向上、地域分断の解消など安心・安全で快適なまちづくりを目指します。

最近の立体交差事業実施箇所

最近の立体交差事業箇所図です。
最近の立体交差事業箇所一覧表
番号事業名区間事業期間
1JR関西本線・近鉄名古屋線連続立体交差事業黄金駅から庄内川まで平成5年度から平成18年度
2名鉄名古屋本線連続立体交差事業天白川から左京山駅まで平成5年度から平成19年度
3都市計画道路星崎鳴海線と名鉄常滑線との立体交差事業大江川から天白川まで平成8年度から平成19年度
4一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名鉄瀬戸線との立体交差事業小幡駅から大森・金城学院前駅まで

平成11年度から平成35年度(予定)

5都市計画道路万場藤前線と近鉄名古屋線との立体交差事業庄内川から新川まで平成19年度から平成31年度(予定)

施行中の立体交差事業

このページの作成担当

緑政土木局道路建設部道路建設課立体交差係

電話番号

:052-972-2867

ファックス番号

:052-972-4168

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ