ページの先頭です

市街地の開発整備(都市開発・建築)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年2月13日

ページの概要:市街地の開発整備について

市街地の開発整備

戦災復興以降の市街地整備の流れ

戦災復興、その後の「地区総合整備」による土地区画整理事業や市街地再開発事業などの面的な市街地整備、及び今後の「戦略的まちづくり」についての概要です。

戦略的まちづくり

これまで取り組んできた都市基盤整備の成果など、地域資源や地域特性を生かした特色のある様々なまちづくりを効率的・効果的に進めていくため、「3つのまちづくり戦略」を掲げて展開するこれからのまちづくりの進め方です。

  • 戦略1 都心部の機能強化や名所づくりによる名古屋の魅力・都市力の向上
  • 戦略2 拠点機能・拠点関連携の強化や緑・水との調和による都市の持続性の向上
  • 戦略3 地域資源を生かした居住環境の向上と生活利便性を生かした既成市街地の再生

さらに、重点的な取り組みを推進すべき26地域を「重点地域」と位置付け、行政発意のまちづくりを進めています。

都心のまちづくり

リニア開通を見据え、名古屋大都市圏の成長を牽引するため、名古屋駅と栄の2核一体構造をなす都心部において、都市機能の更新等により、安心で安全なまちづくりを進めるとともに、豊かな公共空間等の活用等による高質で魅力的な都市空間の形成により、この圏域の中核部にふさわしい都心のまちづくりを進めます。

拠点開発

市内各地において、土地の高度利用を図り、都市構造を一層強化し都市魅力が向上するように、拠点の開発を進めます。

市街地の開発整備の実施状況

現在行政が主体となって進めている開発整備地区を地図上で示しています。併せて下の表では、各地区名と、そこで実施している事業を示しています。

戦略的まちづくりにおける重点地域、現在行政が主体となって進めている開発整備地区図です。丸印は戦略的まちづくりにおける重点地域を、四角印は現在行政が主体となって進めている開発整備地区を示しています。
戦略的まちづくりにおける重点地域、現在行政が主体となって進めている開発整備地区図における凡例です。丸印は戦略的まちづくりにおける重点地域を、四角印は現在行政が主体となって進めている開発整備地区を示しています。
現在行政が主体となって進めている開発整備地区
地区名事業名
1・筒井地区(東区)筒井土地区画整理事業 
筒井住宅市街地総合整備事業
 2・葵地区(東区)葵土地区画整理事業
葵住宅市街地総合整備事業
 3・東郊線地区(北区、東区、昭和区)都市防災不燃化促進事業     
 4・大曽根北地区(北区)大曽根北土地区画整理事業 
大曽根北住宅市街地総合整備事業
 5・米野地区(中村区)生活こみち整備促進事業
老朽木造住宅除却助成
 6・ささしまライブ24地区(中村区、中川区)ささしまライブ24土地区画整理事業 
 7・名古屋駅周辺、伏見、栄地区
    (中区、中村区、東区)
都心のまちづくり(名古屋駅周辺)        
都心のまちづくり(栄周辺) 
 8・金山地区(中区、熱田区)拠点開発 (金山地区)
 9・御剱地区(瑞穂区、昭和区)生活こみち整備促進事業 
老朽木造住宅除却助成
10・熱田地区(熱田区)拠点開発 (熱田地区)
11・下之一色地区(中川区)老朽木造住宅除却助成
12・下之一色南部地区(中川区)下之一色南部土地区画整理事業 
13・金城ふ頭地区(港区)拠点開発 
14・笠寺地区(南区)老朽木造住宅除却助成
15・鳴海駅前地区(緑区)鳴海駅前第2種市街地再開発事業 
16・有松地区(緑区) 有松土地区画整理事業
17・大高駅前地区(緑区)大高駅前土地区画整理事業

実施施策

公共施設が未整備であるなど課題がある地区において、道路、公園などの整備を行うと共に、土地の整形化を図ることにより、宅地の利用増進を図る事業です。

 

土地利用が細分化され、公共施設が不十分であるなど課題がある地区において、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ることを目的として、建築物及び建築敷地の整備と公共施設の整備とを一体的に実施する事業です。

 

老朽住宅の密集や、公共施設の著しい不足等の課題がある地区において、老朽住宅の除却、コミュニティ住宅の建設、生活道路・小公園等の整備を総合的に行い、居住環境の改善及び防災性の向上を図る事業です。

 

主な木造住宅密集地域を改善するためにさまざまな支援をしています。

関連リンク

地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主体の個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図る制度です。

密集市街地のうち、延焼危険性や避難困難性が特に高く、地震時等において、大規模な火災の可能性、あるいは道路閉塞による地区外への避難経路の喪失の可能性があり、重点的な改善が必要な密集市街地です。

このページの作成担当

住宅都市局都市整備部市街地整備課総括係

電話番号

:052-972-2752

ファックス番号

:052-972-4163

電子メールアドレス

a2746@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ