ページの先頭です

公文書館

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年7月27日

ページの概要:名古屋市の公文書館としての事業についての案内です。

閲覧室

市政資料館では、名古屋市の公文書館として、明治22年の市制が施行された以後の永年保存の公文書を中心に、名古屋市政に関する資料の収集・整理・保存を行い、広く市民の皆さんに閲覧利用していただいています。名古屋市に関する様々な資料がありますので、学術論文の作成や郷土史の研究にもご活用ください。(上写真:閲覧室)

主な所蔵資料

1 公文書

市政資料館で収集する公文書は、名古屋市が作成した公文書で、保存期間が満了し、廃棄されたもののうち歴史資料として重要なものです。

(主な公文書)
臨時事件綴(米価騰貴)、併合町村事務引継書綴、英貨公債関係書、史跡名古屋城指定地域綴 史蹟六冊ノ内五、増区関係書類、学童疎開起債禀請書 等

平成29年7月21日に、昭和61年度までに完結した公文書について、新たに127簿冊を公開し、公開中の公文書は12,306簿冊となりました。

公文書目録

  • 公文書目録 (XLSX形式, 1.27MB)

    公文書目録をご覧のうえ来館いただく場合は、「簿冊名」のほか、「受入」と「番号」の控えをお持ちいただくと、スムーズにご覧いただけます。

※マイクロフィルム撮影のため、ご利用いただけない公文書が一部ございますので、ご了承ください。詳しくは、お問い合わせください。

公文書目録の見方について

  • 受入番号・・・・・当館が設定した閲覧請求用の引継局別の通し番号
  • 完結年度・・・・・簿冊の完結年度(Mは明治、Tは大正、Sは昭和)
  • 簿冊名・・・・・・・簿冊または資料の題名
  • 編冊期間・・・・・簿冊の中にある文書の決裁年月日の期間
  • 作成局課名・・・簿冊や資料を作成または発行した局や課の名称
  • 利用制限・・・・・利用制限がある場合は「一部」と表示されています。( )内は利用を制限する情報の種類に対応する下表の略記号です。利用を制限する情報の種類が複数の場合は、件名目次の索引番号又は該当件数と略記号が記載されています。
利用制限欄に記載されている略記号の説明
目録の略記号  一般の利用を制限する公文書等に記録されている情報
 個1 個人情報
 個2 重大な個人情報
 個3 特に重大な個人情報
 他1 法人情報
 他2 公共安全情報
 他3 審議・検討・協議情報
 他4 行政運営情報
 他5 任意提供情報
 他6 法令秘情報

2 行政資料

名古屋市が作成し、又は入手した広報資料、調査統計資料、報告書などの記録のうち、名古屋市政に関連するものを中心として歴史資料として重要なもので、具体的な収集基準は以下のとおりです。

  • 名古屋市が編集、発行したもの
  • 名古屋市の外郭団体等が発行したもの
  • 名古屋市が編集、発行を民間会社へ委託して発行したもの
  • 国、他の公共団体及びそれらの外郭団体が編集、発行したもの
  • 上記以外のもので、名古屋市にとって特に行政的及び歴史的、文化的に関係が深いと思われるもの

(主な行政資料)
愛知県布達類集、熱田湾築港計画書、名古屋俘虜収容所業務報告書、電気軌道事業買収顛末、名古屋汎太平洋平和博覧会会誌、弘報なごや 復刻版、伊勢湾台風災害誌 等


※マイクロフィルム撮影のため、ご利用いただけない行政資料が一部ございますので、ご了承ください。詳しくは、お問い合わせください。

行政資料目録

  • 行政資料目録 (XLSX形式, 1.72MB)

    行政資料目録をご覧のうえ来館いただく場合は、「資料名」のほか、「資料番号」の控えをお持ちいただくと、スムーズにご覧いただけます。

資料検索がよりご利用いただきやすくなりました

市政資料館の公文書と行政資料が、「まるはち横断検索」と「名古屋市図書館デジタルアーカイブ なごやコレクション」からも検索できるようになりました。
戦前の公文書の資料名には、旧字で書かれているものがあります。「まるはち横断検索」や「なごやコレクション」では、常用漢字を用いても検索することができます。是非ご利用ください。
(資料名に使用されている旧字の例)
證書(証書)、會計(会計)、圖書館(図書館)、千圓券(千円券)

※「まるはち横断検索」とは、名古屋市内の公共図書館、専門図書館、大学図書館の資料をひとまとめに検索することができるものです。

※「なごやコレクション」とは、名古屋市立図書館で所蔵されている名古屋のデジタル資料・データベースを検索・閲覧することができるものです。

まるはち横断検索(外部リンク)別ウィンドウ

なごやコレクション(外部リンク)別ウィンドウ

3 市史資料

新修名古屋市史編さん過程で、旧家や寺社などの貴重な資料をマイクロフィルムに撮影し、市政資料館で保管しています。そのうち、整理が終わり、マイクロフィルムから紙製本(複製)したものを公開しています。

(主な市史資料)
下郷家文書(愛知郡鳴海村(現緑区鳴海町)の宿村役人をつとめた家で、その一族が営んでいた農業や酒造業などの資料)や、伊藤次郎左衞門家資料(豪商いとう呉服店(のちの松坂屋)の創業家に伝わる資料)等

平成29年3月17日に、新たに216冊を公開し、公開中の市史資料は3,779冊となりました。

下郷家文書

市史資料(下郷家文書)

伊藤次郎左衞門家資料

市史資料(伊藤次郎左衞門家資料)

「新修名古屋市史資料」公開資料一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

関連リンク

このページの作成担当

総務局 市政資料館庶務係

電話番号

:052-953-0051

ファックス番号

:052-953-4398

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ