ページの先頭です

生活支援部会(生活支援連絡会)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月22日
生活支援部会(生活支援連絡会) では「地域の生活支援ニーズの把握や情報の見える化」、「生活支援活動の拡充に向けたネットワークづくり、企画立案」を行っています。

生活支援ガイドブックの作成

なかがわ人生の達人帳(高齢者生活支援ガイドブック)を作成しました。

高齢者の方を対象に、「地域で日常生活を送るために必要なサービス」や「お互いに助け合う地域の取り組み」などをまとめたものです。
高齢者の方の生活を支える民生委員、ケアマネジャーの方等に活用していただくとともに、区役所・支所、社会福祉協議会、いきいき支援センター等でも配布しておりますので、是非ご利用ください。

なかがわ人生の達人帳(高齢者生活支援ガイドブック)

ファイルサイズが大きいため、ファイルを開くのに時間がかかることがあります。

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

地域包括ケアシンポジウム

住民や福祉施設、医療機関、団体などがそれぞれの立場から地域包括ケアシステムの推進を考える機会となるシンポジウムを開催します。

※過去の開催実績(講師の役職等は当時のものです。)

平成29年度中川区“わがまちの地域包括ケアを考える”シンポジウム
テーマ 

地域が主役の「生活支援」(支えあう地域づくりのヒント集) 

日時・場所

平成30年2月16日(金曜日)・中川文化小劇場 ホール
内容

第1部 講演「地域包括ケアにおける『生活支援』と多様な担い手への期待」

     講師:金城学院大学人間科学部教授 朝倉 美江 氏

第2部 シンポジウム「身近な『生活支援』から考えよう、支えあう地域づくりとは」

平成28年度中川区“わがまちの地域包括ケアを考える”シンポジウム
テーマ

平成30年度に迫る介護・医療の制度改正を読み解く(始める、進める 地域での備えとは?) 

日時・場所

平成29年3月14日(火曜日)・中川文化小劇場 ホール
内容

第1部 講演「地域包括ケアと「平成30年度」の改正を読み解く」

      講師:淑徳大学 総合福祉学部教授 結城 康博 氏

第2部 鼎談「考えよう 私たちにできること(始める、進める 地域での備えとは?)」

地域課題を把握するための取り組み

住民参加型の会議において、地域が抱える生活支援等に係る課題の抽出や対応策を検討します。

その他

中川区社会福祉協議会の地域福祉活動計画(なかがわ福祉まごころプラン)と連携して、生活支援サービスの拡充に努めます。

  • 生活支援に係るネットワークの構築を目指す関係機関の相互協力により「生活支援サービス(ゴミ出し、外出支援)や取り組み(ボランティア養成等)の拡充」の実現を目指します。

このページの作成担当

中川区役所保健福祉センター福祉部福祉課福祉係

電話番号

:052-363-4415

ファックス番号

:052-352-7824

電子メールアドレス

a3634415@nakagawa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ