ページの先頭です

中川区の紹介

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年12月13日

ページの概要:区のシンボルマークや、区の花・木等を紹介します。

中川区の所在地

区の統計(平成28年4月1日現在)

面積

32.020平方キロメートル

人口

220,033人

世帯数

95,880世帯

区のシンボルマーク

中川区のシンボルマーク

 中川区の「中川」の文字を区の全形にデザイン化し、
 川が多いという区の特徴を、文字の中にイメージしたものです。
 昭和61年12月制定

区の花

区の花 ハボタン

 ハボタン Ornamental Kale
 あぶらな科
 葉の集まりがボタンの花を思わせる、ヨーロッパ原産の1年草です。
 キャベツと母種は同じですが、葉が美しいため鑑賞用とされます。
 昭和62年5月制定

区の木

区の木 クロマツ

 クロマツ Black Pine
 まつ科
 海岸近くに生育する常緑高木です。
 潮風に耐えることから、防風・防潮林として用いられ、
 松原や松並木の名所が各地にみられます。
 昭和62年5月制定

区のマスコットキャラクター

ナッピーとハボン

中川区のマスコットキャラクターの「ナッピー」と「ハボン」。
「ナッピー」は、みんなとふれあうことが大好きな不思議な川の生き物です。
「ハボン」は、体は小さいけれど、花をきれいに咲かせることが大好きなハボタンの妖精です。
二人はとっても仲良し!

中川区のいろんな所に遊びに行くので、見つけたときは「ナッピー!」「ハボン!」と呼んであげてくださいね。

ナッピー、ハボンについてさらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。→中川区マスコットキャラクター「ナッピー」のページ

区のあゆみ

区のあゆみ
年月事柄
昭和12年10月中区と南区の一部をあわせて誕生
昭和30年10月富田町を中川区に編入
昭和50年1月現中川区役所庁舎完成
昭和57年6月露橋スポーツセンター開館
昭和57年9月地下鉄高畑駅開業
平成2年10月第1回中川区区民まつり開催
平成2年10月人口20万人突破(第15回国勢調査)
平成3年1月現富田支所庁舎完成
平成14年11月中川文化小劇場・図書館開館
平成16年8月区のマスコットキャラクター「ナッピー」誕生
平成16年10月あおなみ線開業

区の概要

中川区の全体図
中川区の全体図


 市の中西部に位置する中川区は、区名の由来となった中川運河をはじめ、庄内川・新川など7河川が流れています。また、土地は低く、起伏の少ない平坦な地域です。

 東部は、古くからの商店街を中心に発展を続け、中川運河沿いには鉄工所・木工所・倉庫などが立ち並び、工業地帯を形成しています。また、近年は中川運河沿いで水面を活用したアートイベントが行われるなど、新しい試みが行われてきています。

 中央部は、区役所をはじめ主要な官公所が立地し、地下鉄高畑駅周辺は商業地域としても発展しています。また、前田利家生誕の地である荒子には、尾張四観音の一つである荒子観音寺をはじめ、多くの史跡があります。中でも荒子観音寺には、千体以上の円空仏や国の文化財に指定されている多宝塔があり、多くの観光客が訪れます。

 庄内川以西の西部は、土地区画整理事業により宅地化が進み、各所に高層の公営住宅、マンション等が建設されています。また、国道302号線と名古屋第2環状自動車道が南北に通じ、東西に走る東名阪自動車道、名古屋高速5号線、国道1号線など幹線道路と接続され、名古屋の西の玄関口として、更に発展が期待されています。

区の名所

区内のさまざまな名所の一部です。画像をクリックすると、詳細が見られます。
  • 荒子観音寺(クリックすると荒子観音寺紹介ページに飛びます)
  • 中川運河(クリックすると中川運河紹介ページに飛びます)
  • 松重閘門(クリックすると松重閘門紹介ページに飛びます)
  • 富田公園(クリックすると富田公園紹介ページに飛びます)

関連リンク

このページの作成担当

中川区役所 区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-363-4319

ファックス番号

:052-362-6562

電子メールアドレス

a3634319@nakagawa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ