ページの先頭です

船見閘門(こうもん)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年2月5日

ページの概要:船見町にある、船見閘門について紹介するページです。

船見閘門(こうもん)

昭和2年(1927年)、貯木場の木材の出入口として造られました。

前後1組の閘門で海と区切り、貯木場の水位を一定に保つことにより、潮に左右されず木材を搬出入でき、当時、木材の取扱量が激増するなか、この設備は全国でも先進的で理想的なものでした。

貯木場は埋め立てられましたが、長年にわたり活躍した閘門は、貴重な産業遺産として、今日の名古屋港発展の歴史を物語っています。

設計は、名古屋港跳上橋と同じく山本卯太郎。

名古屋市認定地域建造物資産。

また、土台となる護岸は、日本独自の左官技術「たたき」を改良・応用した「人造石工法」により施工され、こちらは経済産業省認定近代化産業遺産に認定されています。

貯木場へ木材を搬出入する当時の様子の画像

貯木場へ木材を搬出入する当時の様子です。

現在の船見閘門の様子の画像

現在の船見閘門の様子。2基のうち1基が残っています。

お問い合わせ

名古屋港管理組合 企画調整室 環境担当

電話番号:052-654-7856 ファックス番号:052-654-7997

関連リンク

このページの作成担当

港区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-654-9621

ファックス番号

:052-651-6179

電子メールアドレス

a6549621@minato.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ