ページの先頭です

桜田貝塚跡(さくらだかいづかあと)と桜田勝景跡(さくらだしょうけいあと)(八幡社)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月8日

ページの概要:桜田貝塚跡(さくらだかいづかあと)と桜田勝景跡(さくらだしょうけいあと)(八幡社)の紹介

 八幡社(創建不詳)の前にあった桜田貝塚は、弥生後期に掘られた濠の中に形成されたもので、貝のほか魚骨、魚形土器などが出土し弥生時代の漁の様子がわかります。出土品の「魚形土器」は全国的にも珍しいもので市指定文化財です。また、このあたりは南東に傾斜した高台で、勝景桜田を眺望できた最適の場所でした。境内には、万葉歌碑のほか、県無形民俗文化財に指定されている「桜棒の手」の保存記念碑があります。

桜田貝塚碑の写真

桜田貝塚碑

八幡社の写真

八幡社

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-823-9326

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239326@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ