ページの先頭です

東宝寺桜村固本碑(とうほうじさくらむらこほんひ)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月9日

ページの概要:東宝寺桜村固本碑(とうほうじさくらむらこほんひ)の紹介

東宝寺の写真

東宝寺

 桜中村城の家老屋敷跡とも伝えられる東宝寺の境内に、『尾張徇行記』の著者樋口好古撰の石碑があります。碑には「桜村の土地が荒廃し、村民は生活に苦しんでいた。村役人の村瀬藤九郎がこの状況を訴えて十年間の年貢の軽減が許された。おかげで生活が豊かになり、村民が喜んだ。」という意味の文が刻まれています。

桜村固本碑の写真

桜村固本碑

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-823-9326

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239326@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ