ページの先頭です

小学校へのAED設置のための寄附について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年8月22日

ページの概要:小学校へAED設置のための寄附についてお知らせします。

小学校へのAED設置推進事業寄附金(名古屋市教育基金)

小学校へのAED設置推進事業とは

現在、名古屋市立小学校にはAED(自動体外式除細動器)を1台設置し、児童の教育活動中の救急時に備えています。

小学校は、児童の教育活動のほかに地域の方が体育館などを利用することが多く、また災害時の避難所にも指定されています。そのため、主に地域の方が救急時に使用するAEDを、相互扶助の考え方に基づいて、寄附金を募集して設置しようとするものです。

AEDとは

AEDとは自動体外式除細動器のことで、心臓が小刻みに震えている状態(心室細動)の時に、心臓に電気を流すこと(電気ショック)で震えを止め、心臓が規則正しいリズムで動き出すようにするための医療機器です。

機器の電源を入れると、音声で使い方を指示してくれるので、誰でも操作できます。

AEDの導入方法

AEDはリース(6年から7年間程度)により導入します。(毎年度に1回程度、市が一括で導入します。)

AEDを導入する学校は、教育委員会が決定します。ただし、30万円以上をご寄附いただける場合は、設置する学校を指定できます。(学校の状況によっては、ご意向に添えない場合もあります。)

AEDの設置場所は、体育館などの地域の方が多く利用される場所を、教育委員会と学校が協議して決定します。(設置場所の状況により、自立式スタンド型や壁掛けボックス型を選択します。)

寄附金は

  • 1000円以上からお受けします。
  • 30万円以上をご寄附いただける場合は設置する学校を指定できます。(学校の状況によっては、ご意向に添えない場合もあります。)ご希望される場合は、簡単なメッセージプレートを付けることができます。

メッセージプレートについて(30万円以上ご寄附いただく場合)

メッセージプレートには、

  1. 寄附者名
  2. ロゴ
  3. 社会貢献活動の名称
  4. 簡単なメッセージ
  5. 寄附物件の名称

を表示することができます。

<表示イメージ>

メッセージプレートの表示イメージ

お申し込み方法

お電話、電子メールなどの方法により、下記の申込み・お問合せ先までお申し込みください。

折り返し送付される寄附金納付書により、納付書記載の金融機関にご入金ください。

申込み時の必要事項

次の事項をお知らせください。

お名前及びふりがな

ご住所

ご連絡先(お電話番号)

ホームページへの氏名の公表の可否

寄附者のご紹介

小学校へのAED設置推進事業にご寄附いただいた皆様を紹介させていただきます。

(お名前の公表についてご了承を得ている方のみ)

【平成29年度】

幅下第一区町内会 様

嶌村 直樹 様

株式会社 藤千商会 様


※掲載順は平成29年4月以降に寄附をいただいた日付順です。

教育基金とは

税制上の優遇措置について

名古屋市教育基金に寄附された場合、ふるさと寄附金(納税)制度の適用対象になりますので、次のような税制上の優遇措置を受けることができます。

ふるさと寄附金(納税)に関する個人住民税の控除

法人の場合

寄附された金額を法人税法(第37条第3項第1号)の規程により損金算出することができます。

各種データ

添付のリーフレットの画像には、テキスト情報が含まれておりません。

リーフレットの内容については、下記までお問合せください。

小学校へのAED設置推進事業寄付金リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

教育委員会事務局学校教育部学校保健課保健体育係

電話番号

:052-972-3246

ファックス番号

:052-972-4177

電子メールアドレス

a3246@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ