ページの先頭です

スクールランチだより(令和元年度1月号)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年12月5日

受験期の食生活 脳力アップのために

集中力を高めるために朝食を必ず食べましょう

朝食を食べることにより脳を目覚めさせ、体温を上昇させることができます。さらに、脳の働きが高まり授業中の集中力もアップします。
脳のエネルギー源となるブドウ糖は、主にごはんやパン、めんなどに含まれる炭水化物から作られます。
体温を上昇させるためにはたんぱく質を含む食品を食べましょう。たんぱく質は魚、肉、卵、豆製品に多く含まれます。

魚を食べると記憶力がアップする?

魚の油には、DHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸が豊富に含まれています。DHAは脳や神経の組織を構成する成分で、不足すると記憶や学習などの機能が低下するという研究報告もあります。

このページの作成担当

教育委員会事務局指導部学校保健課中学校給食係

電話番号

:052-972-3248

ファックス番号

:052-972-4177

電子メールアドレス

a3248@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ