ページの先頭です

国選定保存技術

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年10月17日

国選定保存技術

文化財の保存のために欠くことのできない伝統的な技術または技能で、保存の措置を講ずる必要があるものを、文部科学大臣が選定保存技術として選定したものです。名古屋市には選定保存技術者として一名が認定を受けています。

  • (保持者名)鈴木理之
  • (保存技術内容)能楽小鼓(胴・革)製作修理
  • (認定年月日)平成7年5月31日
  • (住所)名東区

このページの作成担当

教育委員会事務局生涯学習部文化財保護室文化財保存活用係

電話番号

:052-972-3268

ファックス番号

:052-972-4202

電子メールアドレス

a3268@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ