ページの先頭です

東大久手古墳(ひがしおおくてこふん)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年2月27日

ページの概要:東大久手古墳について

東大久手古墳の埴輪列の写真、円筒埴輪の写真

写真は(左)埴輪列、(右)円筒埴輪

概要

  • 墳丘 帆立貝式古墳(墳長約39m・後円部径約27m・前方部長約12m)
  • 葺石 あり(円礫)
  • 周濠 馬蹄形周濠
  • 出土遺物 円筒埴輪・朝顔形埴輪・須恵器
  • 築造時期 5世紀末

後円部1段目テラスと前方部頂部では密に並べられた埴輪列が見つかっており、円環状に並べられた埴輪の本数は170本と推定されます。円筒埴輪は突帯が2条めぐる3段構成のもので、須恵器と同じく灰褐色で硬質に焼成されている個体が目立ちます。

所在地

 名古屋市守山区大字上志段味字大久手下

このページの作成担当

教育委員会事務局生涯学習部文化財保護室文化財保存活用係

電話番号

:052-972-3268

ファックス番号

:052-972-4202

電子メールアドレス

a3268@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ