ページの先頭です

PM2.5(微小粒子状物質)について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月9日

ページの概要:PM2.5(微小粒子状物質)について説明しています。

PM2.5(微小粒子状物質)とは

 PM2.5(ピーエム2.5)は、空気中に浮遊する粒の直径1000分の2.5ミリメートル(2.5マイクロメートル)以下の細かい粒子で、ボイラーや自動車などで燃料を燃やしたことによってできたものや、空気中のガスの化学反応が原因でできたもの、風によって土などが巻き上げられてできたものなどがあります。

 PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの30分の1程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響も懸念されています。

 このため、平成21年9月新たに環境基準が定められ、名古屋市でも平成23年度から自動測定機による24時間の連続測定(常時監視)をはじめました。

髪の毛の太さは約70マイクロメートル、花粉は30マイクロメートル、PM2.5は2.5マイクロメートルで髪の毛の太さの28分の1です

環境基準について

 環境基本法第16条第1項に基づく人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として、平成21年9月に環境基準が定められました。

 1年の平均値が1立方メートルあたり15マイクログラム(0.000015グラム)以下であり、かつ、1日平均値が1立方メートルあたり35マイクログラム(0.000035グラム)以下であること。

 自動測定機は1時間ごとに測定を繰り返していますので、平均値はこの1時間値から計算します。

関連リンク

PM2.5注意喚起情報について

 冬季から春季にかけては、PM2.5(微小粒子状物質)の濃度が高まる可能性があります。

 名古屋市を含む尾張区域のPM2.5の1日平均値が、1立方メートルあたり70マイクログラムを超えると予測される場合、愛知県から注意喚起情報が発表されます。

 注意喚起情報が発表された場合には、次のことに気をつけて行動するようにしましょう。

  • 不要不急の外出は控えましょう。
  • 屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう。
  • 窓の開閉を減らしましょう。
  • 外出する場合はマスクを着用しましょう。
  • 呼吸器系や循環器系に疾患のある方、小さなお子さんや高齢者の方は、体調に応じてより慎重に行動するよう心がけてください。

PM2.5注意喚起情報をトップページやメール等でお知らせしています。

 名古屋市では、注意喚起情報を名古屋市公式ウェブサイトトップページの「災害緊急情報」や電子メール、Facebook、Twitterでお知らせしています。

 電子メールの受信を希望される方は、名古屋市が運用している「きずなネット防災情報」にご登録ください。(登録された方には、PM2.5に係る注意喚起情報のほか、災害に関する情報なども届きます。すでに登録されている方は、自動的に配信されますので、新たに登録する必要はありません。)

きずなネット防災情報、Facebook、Twitterについての詳しい内容は、以下のページまたはチラシをご覧ください。

(チラシ)PM2.5注意喚起情報・光化学スモッグ注意報等をメールやSNSなどでお知らせします。

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

PM2.5の測定データを知るには

 市内の大気汚染常時監視測定局におけるPM2.5などの大気汚染物質の測定データは、下記リンクからご覧ください。

市内の測定データ(速報値)

大気常時監視測定結果の携帯サイトのQRコードです。
 千種区鹿子殿にある愛知県管理の「国設名古屋大気環境測定所」の測定データは愛知県環境部のホームページか「そらまめ君」でご覧ください。

県内の測定データ(速報値)

全国の測定データ(速報値)

市内の過去の測定データ

PM2.5の濃度の予測情報

 国立環境研究所、九州大学、日本気象協会では、PM2.5の濃度の予測情報を公開しています。

名古屋市環境科学調査センターでの調査結果

 環境科学調査センターでは平成15年度から南区のセンター屋上でPM2.5粒子を採取し、調査研究を行っています。表の単位は1立方メートルあたりのマイクログラムです。
環境科学調査センター(南区)における測定結果
年度 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2930
測定結果
(年平均値)
25.9 22.8 24.1 23.4 21.9 22.2 19.3 16.3 17.4 15.9 16.8 16.1 14.1 12.2 13.012.3

このページ内にあるデータの利用について

ページ上部の「PM2.5注意喚起情報について」のみだし以降にあるデータ・画像・文章はすべてオープンデータとして提供しており、クレジット表記することにより、二次利用していただくことが可能です。ご利用の場合は以下のページもご覧ください。

このページの作成担当

環境局地域環境対策部環境科学調査センター監視係

電話番号

:052-692-8482

ファックス番号

:052-692-8499

電子メールアドレス

a7330545@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ