ページの先頭です

可燃ごみの分け方・出し方

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年1月26日

対象となるもの

対象となるもの一例。台所の生ごみ、草・小枝、ティシュー、紙おむつ、靴、ゴム手袋、CD・DVD、ビデオテープ、プラスチックハンガー、ボールペン、電卓、おもちゃ、…など。プラスチック製容器包装、ペットボトルは、可燃ごみに出さないでください。
  • 生ごみ類
  • 草・小枝
  • 紙くず
  • 繊維・革・ゴム類
  • 100%プラスチック製品
     例…CD・DVD、プラスチックハンガー
  • 金属との複合製品(大半がプラスチック)
     例…ボールペン、ビデオテープ
  • コンセントを使わない小型の電気製品
     例…電卓、おもちゃ

…など

 

【注意点】

  1. 「金属製品(大半が金属でできているもの)」、「コンセントを使う小型の電気製品」、「ガラス・陶磁器類」は、「不燃ごみ」です。
  2. 30センチ角を超えるものは、粗大ごみです。
  3. プラスチック製容器包装・ペットボトルは、「資源」です。
  4. 「コンセントを使わない小型の電気製品」のうち、小型家電の回収品目(電卓など)は、回収ボックスによる拠点回収にご協力ください。

 

出し方

出す場所

ご自宅の前にお出しください。(原則として各戸収集を実施しています。)

※道路際に出してください。

※地域の事情により、ステーション(集積場所)へ持ち出していただく場合があります。

※アパート・マンションなどにお住まいの方は、決められた場所に出してください。

※ガードレールのある所は、切れ目のある場所に出してください。

 

出す日

週2回収集

※お住まいの地域により収集日が異なります。収集日は、各区の町名別収集日一覧表でご確認ください。

※年末年始を除いて、祝日も収集します。年末年始の日程は、広報なごや、ウェブサイト等でお知らせします。

※原則として、雨天でも収集します。

 

出す時間

当日の朝、8時(中区は7時)までに出してください。

※交通事情や収集コースの変更などにより、収集時間は変動する場合があります。

※年度により収集時間が変更となる場合があります。

指定袋

必ず家庭用可燃ごみ指定袋に入れて出してください。(10L、20L、45L用があります)

可燃ごみ用指定袋

カラスによる被害を防止するためには…

「生ごみを隠して排出する」、「防鳥ネットを使用する」などの方法で、カラス被害防止のため、ご協力をお願いします。

詳しくは、カラスにごみを荒らされないための対策をご覧ください。

カラスに荒らされないための対策をお願いします。

出し方ルール

  • 袋は片手で持てる重さにして口をしっかりしばってください。
  • 一度に多量とならないように計画的に出してください。
  • 台所の生ごみは、よく水を切って出してください。
  • 食用油は、布や紙に染み込ませるか、固化剤で固め、紙に包んで出してください。
  • 紙おむつは、汚物をトイレに流した後、出してください。
  • 草、小枝は、50センチ以下に切って、指定袋に入れてください(多少はみ出すようなら、ごみ袋の口をひもなどでしばってください)。
  • マッチ、花火は、水に浸して出してください。

※プライバシーに関わるような最小限のごみは、内袋に入れて出していただいても結構です。

 

出してはいけないもの

以下のものは絶対に「可燃ごみ」で出さないでください。
処分する場合は販売店や専門の業者にご相談ください。

  • 引火性の強いもの
     例…シンナー、ベンジン、ガソリン、塗料、灯油
  • 爆発物・発火物
     例…火薬
  • 危険物
     例…硫酸、塩酸、農薬

 

関連リンク

このページの作成担当

環境局事業部作業課作業係

電話番号

:052-972-2394

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2393@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ