ページの先頭です

リサイクルステーション・古紙リサイクルセンター

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年11月14日

集団資源回収が利用できない場合は、お近くのリサイクルステーション(略称:リサステ)・古紙リサイクルセンター(略称:古紙RC)をご活用ください。

リサイクルステーション

リサイクルステーションは、市民団体がスーパーなどの駐車場を利用して、毎月決められた日に開催しています。

リサイクルステーションの様子
  • 祝日と重なる場合など、会場によっては中止となることがあります。(中止予定については、下記「リサイクルステーション実施予定表」をご覧ください。)
  • 雨天の場合でも原則として開催しますが、警報(大雨、洪水、大雪等)が発令された場合などは中止します。

リサイクルステーション実施予定表

リサイクルステーションのお問い合わせ先

リサイクルステーションは、下記の3団体が実施しています。各リサイクルステーションの詳細については下記の実施団体にお問合せください。 

リサイクルステーションの実施団体
団体名 お問合せ先 

中部リサイクル運動市民の会

(エコロジーセンターRe☆創庫あつた) 

電話番号:052-982-9079

ファックス番号:052-982-9089

※土曜日・日曜日・祝日はこちらへご連絡ください。

電話番号:052-659-1007

ファックス番号:052-365-7200 

名古屋のごみを考える市民の会 

電話番号:090-7433-3735

ファックス番号:052-414-7021 

古紙回収研究会 

電話番号: 052-309-7305

ファックス番号:052-309-7306

また、中部リサイクル運動市民の会が実施するリサイクルステーションでは、未使用か使用感の少ない衣類、布類、食器、日用品、本を再使用目的で回収する「リユースステーション」を開催しています。

古紙リサイクルセンター

古紙回収を行う事業者の組合である愛知県古紙協同組合では、各事業所で受け入れを行う「古紙リサイクルセンター」を開催しています。

古紙リサイクルセンターのお問い合わせ先

愛知県古紙協同組合

電話番号:052-533-2371

ファックス番号:052-533-2372

電子メールアドレス:koshikyoaichi@poppy.ocn.ne.jp

回収品目

回収品目。新聞・雑誌・段ボール、紙パック、空きびん、空き缶、衣類・布類、なべ・やかん類。
上図の回収品目のうち、回収形態によって以下の品目を回収しています。
回収形態ごとの回収品目です。リサステは新聞・雑誌・段ボール、紙パック、衣類・布類、空きびん、空き缶、なべ・やかん類を回収しています。古紙RCは新聞・雑誌・段ボール、紙パック、衣類・布類を回収しています。

古紙類(新聞・雑誌・段ボール・紙パック)

  • 種類ごとにそれぞれ分けてひもでしばってください。
  • 新聞の折込チラシは「新聞」として出せます。
  • 本、ノート、カタログ、カレンダー、紙ファイル、コピー用紙、メモ用紙、封筒、ハガキなどの雑がみも「雑誌」として出せます。

衣類・布類

  • 衣類・布類は透明または半透明の袋に入れてください。
  • 肌着、布団カバー、毛布、カーテン、帽子、ハンカチ、タオルなども「衣類・布類」として出せます。
  • 雨に濡れてしまうとリサイクルできなくなってしまいますので、必ず袋の口をギュッと結んで出してください。

なべ・やかん類

  • なべ・やかん類とは、金属製(鉄、ステンレス、アルミ、ホーロー、銅など)の「なべ、やかん、炊飯器の内釜、フライパン」などです。

開催場所の地図

各区の開催状況

関連リンク

このページの作成担当

環境局ごみ減量部減量推進室減量企画担当

電話番号

:052-972-2398

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ