ページの先頭です

名古屋市厚生院

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2010年7月5日

ページの概要:名古屋市厚生院について

名古屋市厚生院の外観の写真

所在地

〒465-8610  名古屋市名東区勢子坊二丁目1501番地
電話番号 052-704-2211(代)
ファックス番号  052-704-2780
電子メールアドレス:

a7045463-01@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

応対時間:月曜日から金曜日(祝日及び休日を除く)の午前8時45分から午後5時15分まで

施設の概要

名古屋市厚生院は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、救護施設及び附属病院(医療保護施設)の複合施設です。

(1) 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム:定員300名)

 要介護者の方へ、施設サービス計画に基づいて、日常生活の世話、機能訓練、健康管理等を行います。

  • 短期入所生活介護(空床利用)
    一定の理由により一時的に入所した要介護者・要支援者の方へ、日常生活の世話、機能訓練、健康管理等を行います。

(2) 救護施設(定員80名)

 身体上・精神上著しい障害があるため、常時介護が必要な要保護者の方へ、日常生活の介護、機能訓練、健康管理等を行います。

(3) 附属病院(医療保護施設:204床)

  • 一般病棟(140床)
    老人ホーム、救護施設等からの入院、各区社会福祉事務所からの依頼による入院、その他在宅高齢者のリハビリ入院や市内医療機関からの紹介入院なども行います。
  • 介護療養型医療施設(64床)
    経管栄養や気管切開等の長期療養を必要とする要介護者の方へ、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理による介護等を行います。
  • 短期入所療養介護(64床のうち10床)
    一時的に入所した経管栄養や気管切開等の要介護者、要支援者の方へ、看護、医学的管理による介護等を行います。

入所・利用の手続き

  1. 介護老人福祉施設・附属病院への入所・入院、短期入所のご利用については、業務課相談支援係(電話番号052-704-6328)にご相談ください。
  2. 救護施設については、住所地の区役所(社会福祉事務所)にご相談ください。

職員募集

問合せ先 厚生院管理課庶務係 電話番号 052-704-5462

附属病院における医療事故等の公表

厚生院では、市立病院と同じように医療事故等の公表基準を作成し、平成15年6月16日より実施しています。その目的は、医療事故等について、その事実と対応策等を公表することにより、安全で信頼できる医療を提供することです。
 厚生院では、市立病院の医療事故等の公表基準の改正にあわせて公表基準を改正いたしました。新たな基準は医療事故分類・公表基準として国公立大学病院などをはじめ多くの医療機関で採用されている基準です。
 平成29年4月1日以降に発生した事案については、厚生院でもこの基準により分類・公表を行うこととしております。

インシデント、医療事故の定義とは?

新たな医療事故等の公表基準では、インシデントと医療事故を以下のように定義しています。
(1) インシデント
患者の診療やケアにおいて、本来のあるべき姿からはずれた行為や事態の発生を意味します。また、患者だけでなく訪問者や医療従事者に、障害の発生した事例や障害をもたらす可能性があったと考えられる状況も含みます。
障害の発生の有無及び過失の有無を問いません。
※ 新基準のインシデントには、従来の基準の「医療事故(アクシデント)」も含みます。
(2) 医療事故
疾病そのものではなく、医療を通じて障害が発生した場合を意味します。合併症、偶発症、医薬品による副作用や医療機器・材料による不具合、不可抗力によるものも含みます。過失の有無を問いません。

(参考)平成28年度までの公表基準では、アクシデント及びインシデントを以下のように定義していました。
(1)アクシデント
過失の有無に関わらず、医療の全過程において発生する人身事故一切を包括していうもの。この中には、患者様のみでなく医療従事者が被害者である場合や医療行為とは直接関係のない転倒や転落なども含みます。
(2)インシデント
日常の医療現場で、「ヒヤリ」としたり、「ハット」した経験など、結果的にアクシデントやトラブルには至らなかったニアミスなどをいうもの。

統計的資料の公表

公表基準に基づき、医療事故等について、統計的資料を公表します。

添付ファイル 平成27年度から平成31年度まで

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

包括的公表

公表基準

名古屋市厚生院医療事故等公表基準(平成29年4月1日以降発生の事例に適用)

名古屋市立病院及び名古屋市厚生院医療事故等公表基準(平成28年度以前発生の事例に適用)

リンク

案内図

地下鉄東山線「本郷」下車、駅前から、市バス幹線本郷1系統「猪高緑地」、「地下鉄平針」、又は「本郷(右回り)」で「障害者スポーツセンター」下車、南へ徒歩すぐ

このページの作成担当

健康福祉局厚生院管理課庶務係

電話番号

:052-704-5462

ファックス番号

:052-704-2780

電子メールアドレス

a7045463-01@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ