ページの先頭です

環境科学調査センター

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年3月16日
環境科学調査センター の写真

お知らせ

環境科学調査センターについて

環境科学調査センターは、名古屋市民の健康、安全および快適な生活環境を守るため、名古屋市の環境行政を科学的かつ技術的に支援する専門機関として設置されています。

近年、従来からの公害問題に加え、新たな化学物質による環境汚染や温暖化などの地球環境問題、さらには、生物多様性保全など、環境問題が多様化する中で、これらの問題に対する科学的な対応が求められています。
それを受けて、当所では、国、他の自治体、その他の関係機関との連携を図りつつ、調査・研究を通して、地域に密着した環境課題に取り組んでいます。


事業の詳細は、以下のページをご覧下さい。

環境科学室(大気騒音関係)の業務

環境科学室(水質関係)の業務

監視係の業務

環境に関する教育・情報提供

環境問題は、市民一人ひとりが影響を受け、また影響を与える可能性のある問題です。そこで、調査センターでは調査・研究等によって得られた情報をみなさまに提供し、活用するための活動を行っております。
一人ひとりが、環境問題を身近に感じてもらえるように取り組んでいる事業です。

具体的には、以下の事業に関わっています。

環境教育

行事への参加

年報の公開

調査研究発表会の実施

沿革

昭和44年8月 衛生局衛生研究所環境衛生課公害係を公害部に拡充
昭和46年4月 公害に関する調査研究専門機関として公害研究所を新設
昭和46年8月 市に公害対策局が発足し、公害研究所は同局の所管となる
昭和53年9月 公害研究所新庁舎(南区)にて業務開始
平成 4年4月  公害対策局が環境保全局に、公害研究所が環境科学研究所に名称変更
平成12年3月 ISO14001認証取得
平成12年4月 環境保全局と環境事業局が統合し、環境局に名称変更
平成13年4月 ダイオキシン分析研究センターを開設(守山区志段味ヒューマンサイエンスパーク内)
平成18年3月 ISO14001を市役所庁舎等と統合認証(認証機関も変更)

平成22年3月 ダイオキシン分析研究センター閉鎖

平成24年4月 環境局地域環境対策部に編入し、環境科学調査センターに名称変更

         環境局地域環境対策課監視係を編入

建物概要

【本館】地上4階
 (内訳)
 1階:管理部門(企画管理係)、図書室
 2階:水質部門
 3階:大気騒音・水質・監視部門
 4階:大気騒音部門

【騒音振動実験棟】一部2階建(1階に無響室含む)

【その他】廃水処理棟、危険物倉庫、ボンベ庫、車庫

環境局の組織

環境局の組織がご覧になれます。

環境局の組織と業務のご案内

環境科学調査センター(南区)へのアクセス、お問合せ先

  • お問合せ先 

〒457-0841 名古屋市南区豊田五丁目16番8号 名古屋市環境科学調査センター

  • アクセス方法

地下鉄(名城線)伝馬町駅下車 市バス神宮15系統 鳴尾車庫または要町行き 道徳橋北下車 徒歩約8分 またはJR笠寺駅下車 市バス南巡回系統 神宮東門行き右回り 三新通二丁目下車 徒歩約5分

JR東海道線 笠寺駅下車 徒歩約15分
名古屋鉄道 常滑線 大江駅下車 徒歩約12分

(地図の縮尺21000分の1で、笠寺駅・大江駅がご覧になれます)

下記地図をクリックすると詳細地図がご利用できます。(別ウインドウが開きます。)

環境科学調査センター:名古屋市南区豊田五丁目16-8の地図。別ウインドウで開く

このページの作成担当

環境局地域環境対策部環境科学調査センター企画管理係

電話番号

:052-692-8481

ファックス番号

:052-692-8483

電子メールアドレス

a6928481@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ