ページの先頭です

災害応急用協力井戸を募集しています!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年4月8日

ページの概要:災害応急用協力井戸について紹介します。

災害応急用井戸を使用している

災害応急用協力井戸とは?

 「災害応急用協力井戸」とは、災害により水道施設が被害を受け、水の確保が困難な場合に、地域の方々へトイレの流し水等の生活用水(飲用を除く)として井戸水を提供していただける家庭用の井戸のことです。

指定までの流れ

  1. 井戸が設置されている区の保健所へご連絡していただき、「災害応急用協力井戸申込書」を提出してください。
  2. 保健所職員が現場調査し、井戸周囲が清潔であり、安全に水を汲み上げることができるものを災害応急用協力井戸として指定します。
  3. 井戸水の水質状況の参考としていただくために、以下の項目について簡単な*水質検査を行います。
  4. 指定の際には、「通知書」2種類のプレートをお渡しします。

水質検査項目

  • 硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
  • 塩化物イオン
  • 有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)
  • pH値又はRpH値
  • 臭気
  • 色度
  • 濁度
  • 一般細菌
  • 大腸菌

*水質検査は、指定要件ではありません。 指定後の井戸についても、定期的に水質検査を行いますので、ご協力をお願いします。(検査前にご連絡します。)

災害応急用協力井戸に指定されたら?

  1. 災害応急用協力井戸に指定されると、「災害応急用協力井戸名簿」に井戸の所在地、所有者名等が記載されます。この名簿は災害時において必要な場合にのみ公表されます。
  2. 指定の際、2種類のプレートをお渡しします。「災害応急用協力井戸」のプレートは玄関など地域の方の目に留まるところに、注意事項を示すプレートは井戸又は給水口付近の見やすいところに掲示してください。
「災害応急用協力井戸のプレート」と「注意事項を示したプレート」

 3.次年度から「あなたの街の地震ハザードマップ」におおよその場所を示すバケツマークが表示されます。

地震ハザードマップ

災害時には?

  • 大規模地震等により、水道施設の使用が不可能になった場合、地域の方々へ井戸水の提供にご協力ください。
  • 大規模な地震が発生した場合、水質が大きく変化することが考えられます。井戸水はトイレの流し水等に利用し、飲み水は給水車により支給された水など、衛生的に管理された水を利用してください。

届出等

  • 井戸の所有が親族間で変更になり、災害応急用協力井戸への協力を引き継ぐ場合は、「災害応急用協力井戸所有(管理)者変更書」を井戸の所在する区の保健所に提出してください。
  • 同意事項を変更する場合は、「災害応急用協力井戸同意事項変更所」を井戸の所在する区の保健所に提出してください。
  • 災害応急用協力井戸への協力を取り消す場合は、「災害応急用協力井戸取消書」を井戸の所在する区の保健所に提出してください。

申込窓口

 災害応急用協力井戸についての申し込みは、井戸がある区の保健所生活環境課環境衛生担当が承ります。窓口案内は、こちらからご確認ください。

名古屋市各区保健所生活環境課環境衛生担当

このページの作成担当

健康福祉局健康部環境薬務課環境衛生係

電話番号

:052-972-2644

ファックス番号

:052-972-4153

電子メールアドレス

a2644@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ