ページの先頭です

地域包括ケアシステムの構築

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年11月5日

地域包括ケアシステムとは

 名古屋市を始めとする都市部においては、団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)までに、他の地域と比較して急激に高齢化が進み、特に75歳以上の高齢者のほか、ひとり暮らし高齢者や、高齢者のみで構成される世帯、認知症である高齢者が急増すると見込まれています。

 この2025年を目途に、重度な要介護状態となっても、高齢者が可能な限り住み慣れた地域でその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制、すなわち「地域包括ケアシステム」を構築することが求められています。

 地域包括ケアシステムについて、詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

 厚生労働省「地域包括ケアシステム」のページ(外部リンク)別ウィンドウ

名古屋市における地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み

 名古屋市では、 2025年に向けて、3年ごとの介護保険事業計画の策定・実施を通じて、地域包括ケアシステムを構築していきます。

 平成27年度からの第6期介護保険事業計画は、「地域包括ケア計画」として位置づけ、2025年までの間に、本市の実情に応じた地域包括ケアシステムを構築することを目標とし、介護サービス基盤等のさらなる充実を図るとともに、在宅医療・介護連携の推進、認知症施策や生活支援サービスの充実、医療・介護人材の確保、元気高齢者のマンパワーの活用等に取り組みます。また、2025年までの高齢者数や要支援・要介護認定者数を推計し、中長期的な視野に立った施策の展開を図る計画としています。

 本市の取組状況につきましては、介護保険制度に関する本市ホームページ「NAGOYAかいごネット」でご案内しているほか、「在宅医療・介護連携の推進」についても取組状況を以下のリンク先でご紹介していますので、ぜひご覧いただきますようお願いします。

介護保険制度全般
 NAGOYAかいごネット(外部リンク)別ウィンドウ

在宅生活を続けるために医療機関と介護サービス事業者等の連携を推進
 在宅医療・介護連携支援センター(外部リンク)別ウィンドウ

ICT(情報通信技術)を用いた情報共有について
 在宅医療・介護連携ネットワーク「はち丸ネットワーク」(外部リンク)別ウィンドウ

「地域包括ケアシステムの構築」に関する広報映像

映像では、高齢者とその息子の日常に起きるさまざまな悩みを地域住民や関係職種が連携して支える姿をとおして、地域包括ケアの一例を紹介しています。<2015年3月制作>

このページの作成担当

健康福祉局高齢福祉部地域ケア推進課地域支援係

電話番号

:052-972-2549

ファックス番号

:052-955-3367

電子メールアドレス

a2280@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ