ページの先頭です

羊神社(ひつじじんじゃ)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年12月25日

ページの概要:羊神社の紹介

羊神社

羊神社の鳥居

延喜式神名帳にも記され、天保9年(1838)再建の本殿が現存する由緒ある社。辻の地名は、ひつじのつじに由来すると伝えられる。

式内 羊神社 由緒略記より

群馬の多胡郡の領主であった「羊太夫」が、奈良の都へ上るときに立ち寄った屋敷が、この地(現辻町)にあり、この土地の人々が平和に暮らせるようにと羊太夫が火の神を祀ったことから、羊神社と呼ばれるようになったと伝えられている。「辻町」は「ひつじ」から「ひ」をとって名付けたともいわれている。

アクセス

地下鉄上飯田線「上飯田駅」3番出口から北西へ徒歩10分

※駐車場はありませんので、お越しの方は公共交通機関をご利用ください。

このページの作成担当

北区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-917-6438

ファックス番号

:052-914-5752

電子メールアドレス

a9176437@kita.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ