ページの先頭です

馬刺しによる食中毒を予防しましょう!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年2月22日

馬刺しによる食中毒とは?

生の馬肉や馬刺しを食べたことにより、下痢や嘔吐などの症状が出る事例が発生しています。

厚生労働省などの調査によって、馬に寄生する寄生虫「サルコシスティス・フェアリー」がこれらの有症事例の原因となっていることが判明しています。

サルコシスティス・フェアリーとは?

  • 馬などの特有の動物に寄生する住肉胞子虫の一種で、犬と馬の間で生活環が維持されています。生活環とは、寄生虫の卵や幼虫が成虫となり、次の世代を生じるまでのサイクルのことをいいます。
  • 人には寄生しないことがわかっています。
  • 肉眼では確認することができません。

症状は?

サルコシスティス・フェアリーが寄生した食品を生食したとしても、必ず発症するものではありません。事例が少ないことから発症頻度は不明ですが、発症した場合には食後数時間程度(4から8時間程度)で、下痢、嘔吐、胃部の不快感等が認められるものの、症状は軽度であり、速やかに回復します。また、発症した人から他の人へ感染することは報告されていません。

予防方法は?

一定の条件下での冷凍(中心温度-20℃で48時間以上など)により、食中毒を予防することができます。

リーフレット

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課食品衛生係

電話番号

:052-972-2646

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2646@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ