ページの先頭です

骨髄バンクドナー等助成金について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月1日

ページの概要:骨髄バンクドナー等助成金交付事業についてのご案内

骨髄バンクドナー等助成金交付事業を開始します!

 骨髄又は末梢血幹細胞移植は、白血病など血液の病気の重要な治療法であり、毎年多くの患者が移植を希望しています。しかし、日本骨髄バンクを介して実際に移植が受けられる患者は約半数にとどまっています。その原因の一つとして、面談・通院・入院の時間的拘束が多いなど、ドナーに対しての様々な負担が考えられます。

 名古屋市ではドナーおよびドナーが勤務する事業所の負担軽減を図り、更なる骨髄等の移植の推進及び骨髄バンクドナー登録の増加を目的として、平成29年4月1日より骨髄バンクドナー等助成金交付事業を開始します。

 骨髄バンク登録のご案内について

 骨髄バンクQ&A

骨髄バンクドナー等助成金交付事業について

対象者

【1】ドナー

次の全てに該当する方

(1)平成29年4月1日以降に日本骨髄バンクを介して骨髄又は末梢血幹細胞の提供を行った方

(2)骨髄等の提供日に、市内に住所を有している方

 

【2】事業所

【1】のドナー(個人事業主を除く。)が勤務している国内の事業所

(国、地方公共団体、独立行政法人、地方独立行政法人及び国立大学法人を除く。)

 

※他の地方公共団体による同種同類の助成金又は奨励金等を受けている方は交付対象となりません。

 

助成金額

助成金額

対象者

助成金の額

【ドナー】

提供日に名古屋市在住であり、骨髄又は末梢血幹細胞の提供を行ったドナー

1日につき2万円

(上限7日)

【事業所】

上記のドナー(個人事業主を除く)が勤務している国内の事業所

1日につき1万円

(上限7日)

※ドナーが通院・入院・面接に要した日数に応じて交付

 

申請手続き

 骨髄等提供日から1年以内に次に掲げる書類を、健康福祉局環境薬務課(本庁舎1階)まで提出して下さい。郵送での受付も可能です。

申請書類

【1】ドナー

(1)名古屋市骨髄バンクドナー等助成金交付申請書【ドナー用】(様式第1号)

(2)日本骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を証する書類(通院等の日数が確認できるもの)

(3)その他市長が必要と認める書類

 

【2】事業所

(1)名古屋市骨髄バンクドナー等助成金交付申請書【事業所用】(様式第2号)

(2)日本骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を証する書類(通院等の日数が確認できるもの)

※【1】のドナーが助成金交付申請を行った場合、添付する必要はありません。

(3)ドナーとの雇用関係が確認できる書類

(4)その他市長が必要と認める書類

 

請求書類

※申請書類に基づき助成金交付決定がされた後に提出して下さい。

【1】ドナー

(1)名古屋市骨髄バンクドナー等助成金交付請求書【ドナー用】(様式第5号)

 

【2】事業所

(1)名古屋市骨髄バンクドナー等助成金交付請求書【事業所用】(様式第6号)

様式のダウンロード

このページの作成担当

健康福祉局健康部環境薬務課薬務係

電話番号

:052-972-2651

ファックス番号

:052-972-4153

電子メールアドレス

a2651@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ