ページの先頭です

均等割保険料額の3%引き下げについて

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年6月1日

 平成22年度から保険料の均等割額を3%引き下げています。これにより被保険者の方の保険料負担の軽減を図っています。

均等割保険料額

平成29年度均等割保険料額
区分 引き下げ前引き下げ後引き下げ額
医療分+支援金分54,769円53,126円1,643円
介護分(40歳から64歳の方のみ)15,784円15,310円474円

引き下げのイメージ

平成21年度までは保険料の賦課総額の50%を所得割額として賦課し、残りの50%を均等割額として賦課していましたが、平成22年度以降は均等割額の3%の引き下げを行いました。賦課総額の50%を占める所得割額は変わらずに、残りの50%を占める均等割額の3%の引き下げを行った結果、保険料全体としては1.5%の引き下げを行ったことになります。

お問い合わせ先

 詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係または支所区民福祉課保険係にお問い合わせください。

区役所保険年金課保険係・支所区民福祉課保険係電話番号

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保険年金課保険料係

電話番号

:052-972-2569

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2564@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

保険料(計算方法・納め方・軽減する制度)に戻る

均等割保険料額の3%引き下げについての別ルート

ページの先頭へ