ページの先頭です

低炭素都市なごや戦略第2次実行計画

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年5月10日

低炭素都市なごや戦略第2次実行計画について

 名古屋市は、「低炭素で快適な都市 なごや」を目指して「低炭素都市2050なごや戦略」を策定しました(2009年11月)。この戦略では、2050年のめざすべき将来像を示し、自然や風土を生かしたまちづくりを進めることで温室効果ガスを2050年までに8割削減(1990年度比)することを長期目標として掲げています。

(参考)低炭素都市2050なごや戦略

 この戦略の実現に向け、2011 年に「低炭素都市なごや戦略実行計画」(以下「前計画」という。)を策定し、温室効果ガスを2020 年度までに25%削減(1990 年度比)を目標として、温暖化対策の取組を進めてきました。前計画の目標は、京都議定書で定められた京都メカニズム のクレジットを見込んでいましたが、2013 年以降、日本は京都議定書に参加しないこととしたため、クレジットの活用が大幅に減少しています。また、2015 年には、日本の新たな温室効果ガス排出量の削減目標の決定や「パリ協定」の採択、2016 年には日本の「地球温暖化対策計画」の策定など、温暖化対策を巡る状況に大きな変化がありました。

 このため、前計画の計画期間の満了を待たずに、2030 年度に向けた本市の新たな温暖化対策の計画を策定し、新たな削減目標の達成に向けて取り組んでいくこととしました。

戦略の位置づけ

本計画は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第21条第3項に基づく「地方公共団体実行計画(区域施策編)」及び「気候変動適応法」第12条に基づく「地域気候変動適応計画」に位置付けています。

目標年度および目標

目標年度:2030年度

目標:温室効果ガス排出量27%削減、最終エネルギー消費量14%削減(ともに2013年度比)

低炭素都市なごや戦略第2次実行計画のダウンロード

 本編(一括ダウンロード)ファイルはサイズが大きいため、環境によってはファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。

本編(一括ダウンロード)

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く
 本編第3章(前半)のファイルはサイズが大きいため、環境によってはファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。
 資料編ファイルはサイズが大きいため、環境によってはファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。

本編の閲覧等

 市民情報センター、各区役所・支所などで本編を閲覧に供するとともに、市民情報センター(市役所西庁舎1階)にて本編を870円で頒布します。(平成30年4月上旬より)

〈参考〉有識者懇談会での検討

 「低炭素都市なごや戦略第2次実行計画」の策定に向けて、市民、事業者及び学識経験者からなる「低炭素都市なごや戦略実行計画の改定に係る懇談会」を開催し(平成28年12月から平成29年10月、計4回)、具体的な対策・施策について議論を重ねてまいりました。

 なお、懇談会資料のファイルはサイズが大きいものもあるため、環境によってはファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。

進捗状況

温室効果ガス排出量の結果

このページの作成担当

環境局環境企画部低炭素都市推進課市民活動推進係

電話番号

:052-972-2692

ファックス番号

:052-972-4134

電子メールアドレス

a2693@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ