ページの先頭です

名古屋市第5次一般廃棄物処理基本計画

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年5月18日

ページの概要:名古屋市第5次一般廃棄物処理基本計画について

はじめに

藤前干潟の埋立計画を断念し、「ごみ非常事態宣言」を発表してから
17 年以上が経過しました。
この間、徹底した分別・リサイクルの取り組みにより、ごみ処理量を
4 割、埋立量を8 割削減するとともに、「ごみも資源も、元から減らす」
発生抑制の取り組みにより、ごみと資源を合わせた総排出量も2 割削減
することができました。
これもひとえに、市民・事業者の皆様のご協力と地域役員の皆様の献
身的なご尽力の賜物です。あらためて、この間の皆様のお力添えに心か
らお礼を申し上げます。
一方で、広報不足や分別区分変更等により、プラスチック製容器包装、
紙製容器包装の資源分別率が低下しており、ごみ処理量は近年、62 万
トン前後で推移し、横ばいの状況です。
新たに策定した「第5 次一般廃棄物処理基本計画」では、「市民・事
業者・行政が共に学び、共に行動し、持続可能な循環型都市をめざしま
す。」を基本理念とし、ごみ処理量をピーク時から半減させる目標を掲
げました。
ごみ非常事態宣言以降の大幅なごみ減量を支えた名古屋の財産である
協働をベースに、市民の皆様、事業者の皆様とともに本計画を着実に進
め、「なごやの環境」を持続可能な状態で次世代に引き継いでいきたい
と思っております。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


平成28年3月

名古屋市 

基本理念

市民・事業者・行政が共に学び、共に行動し、持続可能な循環型都市をめざします。

平成11 年2 月の「ごみ非常事態宣言」以降の大幅なごみ減量を達成する原動力となった市民・事業者の皆様との協働をベースに、市民・事業者・行政が共に学び、共に行動することで3R の取り組みを推進します。
環境にも配慮しながら安定的かつ効率的な施設整備に努め、持続可能な循環型都市「廃棄物などの発生抑制がすすみ、資源が無駄なく利活用され、環境への負荷が最小限に抑えられているまち」をめざします。

基本方針1 協働 ~3Rの取り組みを支える持続可能な仕組みづくり~

「なごやの環境」を持続可能な状態で次世代に引き継いでいくため、名古屋の財産である市民・事業者との協働をベースに、ごみ減量の取り組みを進めます。

基本方針2 2Rの推進 ~「もったいない」の心でごみも資源も元から減らす~

「もったいない」という意識の啓発に努め、消費者の選択という行動を通して2R(「発生抑制(リデュース)」「再使用(リユース)」)の取り組みを進め、天然資源の使用削減をめざします。

基本方針3 分別・リサイクルの推進 ~ごみも資源も分けて生かす~

「ごみ非常事態宣言」以降の大幅なごみ減量を支えた「名古屋の分別文化」を今後も継承し、さらなるごみ減量に挑戦します。

基本方針4 環境に配慮した施設整備 ~将来にわたり持続可能な処理・処分体制を確保する~

環境負荷を低減するため、焼却灰の資源化や発電効率の向上に取り組みつつ、老朽化が進む工場について大規模改修や設備更新等により安定的な処理体制を確保し、計画的な施設整備を行います。
また、愛岐処分場を計画的に長寿命化することや、新規処分場についての検討を行うこと等により、長期的かつ安定的な埋立処分場の確保を図ります。

目標値

主な項目の目標値
区分 

現状値

平成26年度

 目標値

平成40年度

 総排出量

 93万トン

 91万トン

 資源分別量 31万トン 39万トン
 ごみ処理量 62万トン 52万トン
 埋立量 4.9万トン 1.5万トン

ダウンロード

一括ダウンロード

データ容量が大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

分割ダウンロードも、ご利用ください。

分割ダウンロード

名古屋市第5次一般廃棄物処理基本計画策定にかかる参考資料

名古屋市第5次一般廃棄物処理基本計画の策定にあたって実施したアンケートなどの結果です。

一括ダウンロード

データ容量が大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

分割ダウンロードも、ご利用ください。

分割ダウンロード

このページの作成担当

環境局ごみ減量部減量推進室減量企画担当

電話番号

:052-972-2398

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ