ページの先頭です

アスベストはどんなところに使われていたの?

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年5月24日

アスベストの約9割は、建築材料として耐火・断熱・防音などの用途に使用されていました。
他にも、自動車のブレーキ・クラッチなどの摩擦材、配管や機械などの断熱材などにも使用されていました。

建築物の使用例

鉄骨造のビルでの使用例。1.鉄骨に、吹付けアスベスト・耐火被覆板、アスベスト含有吹付けロックウールを使用。2.天井・間仕切り板に、けい酸カルシウム板・石綿スレートを使用。
倉庫や工場での使用例。1.屋根に、石綿スレートを使用。2.外壁に、石綿スレートを使用。
一般の住宅での使用例。1.屋根に、住宅屋根ふき用石綿スレートを使用。2.外壁に、石綿セメントサイディングを使用。

関連リンク

このページの作成担当

環境局地域環境対策部大気環境対策課大気騒音係

電話番号

:052-972-2674

ファックス番号

:052-972-4155

電子メールアドレス

a2674@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ