ページの先頭です

名古屋市外国人住民統計

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年3月18日

このページ内にあるデータの利用について

このページ内にあるExcelデータはオープンデータとして提供しており、クレジット表記することにより、二次利用していただくことが可能です。ご利用の場合は以下のページもご覧ください。

名古屋市におけるオープンデータの取り組みについて
オープンデータの概要及びご利用案内など

平成30年名古屋市外国人住民統計

平成30年末現在における名古屋市に住民登録している外国人住民数を公表します。

外国人住民数

平成30年末現在における名古屋市の外国人住民数は83,083人(市内人口に占める割合3.58%)で平成29年末に比べ、4,648人増加しました。

国籍・地域別

  • 外国人住民の在留カード及び特別永住者証明書上に表記された国籍・地域の数は150でした(無国籍を除く)。
  • 国籍・地域別では、中国が23,386人と最も多く、以下韓国、フィリピン、ベトナム、ネパールと続いています。
  1. 中国:23,386人(構成比28.1%)
  2. 韓国:15,563人(構成比18.7%)
  3. フィリピン:9,236人(構成比11.1%)
  4. ベトナム: 9,018人(構成比10.9%)
  5. ネパール: 6,333人(構成比7.6%)

在留資格等別

外国人住民の在留資格等別では、「永住者」が23,786人と最も多く、次いで「留学」、「特別永住者」、「家族滞在」、「技術・人文知識・国際業務」と続いています。

  1. 永住者:23,786人(構成比28.6%)
  2. 留学:14,024人(構成比16.9%)
  3. 特別永住者:12,794人(構成比15.4%)
  4. 家族滞在:6,601人(構成比7.9%)
  5. 技術・人文知識・国際業務:5,780人(構成比7.0%)

区別

外国人住民が最も多いのは中区で9,803人となっており、以下港区、中川区、千種区、中村区と続いています。

  1. 中区:9,803人(構成比11.8%)
  2. 港区:8,713人(構成比10.5%)
  3. 中川区:6,616人(構成比8.0%)
  4. 千種区:6,612人(構成比8.0%)
  5. 中村区:6,377人(構成比7.7%)

平成30年名古屋市外国人住民統計【概要版】

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

平成29年名古屋市外国人住民統計

平成29年末現在における名古屋市に住民登録している外国人住民数を公表します。

外国人住民数

平成29年末現在における名古屋市の外国人住民数は78,435人(市内人口に占める割合3.4%)で平成28年末に比べ、5,752人増加しました。

国籍・地域別

  • 外国人住民の在留カード及び特別永住者証明書上に表記された国籍・地域の数は147でした(無国籍を除く)。
  • 国籍・地域別では、中国が22,791人と最も多く、以下韓国、フィリピン、ベトナム、ネパールと続いています。
  1. 中国:22,791人(構成比29.1%)
  2. 韓国:15,752人(構成比20.1%)
  3. フィリピン:9,125人(構成比11.6%)
  4. ベトナム: 7,282人(構成比9.3%)
  5. ネパール: 4,933人(構成比6.3%)

在留資格等別

外国人住民の在留資格等別では、「永住者」が23,286人と最も多く、次いで「特別永住者」、「留学」、「家族滞在」、「定住者」と続いています。

  1. 永住者:23,286人(構成比29.7%)
  2. 特別永住者:13,186人(構成比16.8%)
  3. 留学:11,980人(構成比15.3%)
  4. 家族滞在:6,052人(構成比7.7%)
  5. 定住者:4,695人(構成比6.0%)

区別

外国人住民が最も多いのは中区で8,999人となっており、以下港区、千種区、中川区、中村区と続いています。

  1. 中区:8,999人(構成比11.5%)
  2. 港区:8,255人(構成比10.5%)
  3. 千種区:6,308人(構成比8.0%)
  4. 中川区:6,209人(構成比7.9%)
  5. 中村区:6,011人(構成比7.7%)

平成29年名古屋市外国人住民統計【概要版】

平成28年名古屋市外国人住民統計

平成28年末現在における名古屋市に住民登録している外国人住民数を公表します。

外国人住民数

平成28年末現在における名古屋市の外国人住民数は72,683人(市内人口に占める割合3.2%)で平成27年末に比べ、4,990人増加しました。

国籍・地域別

  • 外国人住民の在留カード及び特別永住者証明書上に表記された国籍・地域の数は141でした(無国籍を除く)。
  • 国籍・地域別では、中国は22,056人(30.3%)と最も多く、以下韓国、フィリピン、ベトナム、ブラジルと続いています。
  1. 中国:22,056人(構成比30.3%)
  2. 韓国:16,016人(構成比22.0%)
  3. フィリピン:8,441人(構成比11.6%)
  4. ベトナム: 5,550人(構成比7.6%)
  5. ブラジル: 3,787人(構成比5.2%)

在留資格等別

外国人住民の在留資格等別では、「永住者」が22,574人(31.1%)と最も多く、次いで「特別永住者」、「留学」、「家族滞在」、「定住者」と続いています。

  1. 永住者:22,574人(構成比31.1%)
  2. 特別永住者:13,609人(構成比18.7%)
  3. 留学:9,783人(構成比13.5%)
  4. 家族滞在:5,258人(構成比7.2%)
  5. 定住者:4,435人(構成比6.1%)

区別

外国人住民が最も多いのは中区で8,271人(11.4%)となっており、以下港区、中川区、千種区、中村区と続いています。

  1. 中区:8,271人(構成比11.4%)
  2. 港区:7,762人(構成比10.7%)
  3. 中川区:5,876人(構成比8.1%)
  4. 千種区:5,468人(構成比7.5%)
  5. 中村区:5,453人(構成比7.5%)

平成28年名古屋市外国人住民統計【概要版】

平成27年名古屋市外国人住民統計

平成27年末現在における名古屋市に住民登録している外国人住民数を公表します。

外国人住民数

平成27年末現在における名古屋市の外国人住民数は67,693人で平成26年末に比べ、2,244人増加しました。

国籍・地域別

  • 外国人住民の在留カード及び特別永住者証明書上に表記された国籍・地域の数は137でした(無国籍を除く)。
  • 国籍・地域別では、中国は21,293人(31.5%)と最も多く、以下韓国、フィリピン、ベトナム、ブラジルと続いています。
  • ベトナムは平成26年末に比べ1,306人増加しており、平成27年11月にブラジルよりも多くなりました。
  1. 中国:21,293人(構成比31.5%)
  2. 韓国:16,316人(構成比24.1%)
  3. フィリピン:7,905人(構成比11.7%)
  4. ベトナム: 3,951人(構成比5.8%)
  5. ブラジル: 3,609人(構成比5.3%)

在留資格等別

外国人住民の在留資格等別では、「永住者」が21,338人(31.5%)と最も多く、次いで「特別永住者」、「留学」、「家族滞在」、「定住者」と続いています。

  1. 永住者:21,338人(構成比31.5%)
  2. 特別永住者:13,971人(構成比20.6%)
  3. 留学:8,099人(構成比12.0%)
  4. 家族滞在:4,775人(構成比7.1%)
  5. 定住者:4,158人(構成比6.1%)

区別

外国人住民が最も多いのは中区で7,605人(11.2%)となっており、以下港区、中川区、千種区、南区と続いています。

  1. 中区:7,605人(構成比11.2%)
  2. 港区:7,286人(構成比10.8%)
  3. 中川区:5,485人(構成比8.1%)
  4. 千種区:5,032人(構成比7.4%)
  5. 南区:4,799人(構成比7.1%)

平成27年名古屋市外国人住民統計【概要版】

平成26年名古屋市外国人住民統計

このページの作成担当

観光文化交流局観光交流部国際交流課推進係

電話番号

:052-972-3062

ファックス番号

:052-972-4200

電子メールアドレス

a3061@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ