ページの先頭です

一里塚のエノキ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日

ページの概要:一里塚のエノキについて

一里塚のエノキ

一里塚は江戸幕府が主要街道を整備した際に設けたもので、市内に9箇所あったといわれますが、現在残されている唯一のもので、貴重な遺跡となっています。

エノキの状態からも江戸時代に植えられたものと思われ、かつての東海道の面影を忍ぶ手がかりとなっています。

歴史性とともにアイストップともなっています。

所在地

南区白雲町

本数

1本(樹高7.5m、幹まわり3.05m)

科・属

ニレ科エノキ属(落葉高木)

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ