ページの先頭です

中川運河松重閘門

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日
中川運河松重閘門

名古屋市指定有形文化財。

この閘門(こうもん)は中川運河と堀川を結ぶ水路の水位調整を目的に設けられたものです。

水門昇降用の釣り合い錘を収容するために設けられた2基1組の塔は、高さが21メートル程あり、市街地の接点にあることから景観を考慮してつくられています。

所在地

中川区山王一丁目901番地他

年代

昭和5年(1930)

構造等

鉄骨鉄筋コンクリート造、人造石塗り洗出し、一部花崗岩張

設計者

名古屋市建築課、藤井信武

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ