ページの先頭です

東海学園講堂

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日
東海学園講堂

登録有形文化財。

正面部分を半円アーチとし、パラペットにアクセントを施し、2から3階の開口部を外側に少しふくらませて5本の付柱を設けています。

外装はスクラッチタイルを用いるなど華やかさを演出していますが、全体に骨太であり、左右対称という原則を保っていることから全体に落ち着いた感じがするとともに、時代の流行を反映した建物です。

所在地

東区筒井一丁目202番地の4

年代

昭和6年(1931)

構造等

鉄骨鉄筋コンクリート造・3階建

設計者

酒井勝、大脇勲、宮川只一

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ