ページの先頭です

カトリック主税町教会礼拝堂・司祭館

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日

ページの概要:カトリック主税町教会礼拝堂・司祭館について

礼拝堂

礼拝堂の画像

この教会は白壁・主税・橦木の町並み保存地区にあり、明治20年に士族屋敷を改造して建てられたものです。

礼拝堂は正面玄関ポーチを三連アーチで構成し、アーチが白漆喰で仕上げられていることと、柱が黒く塗られていることもあり、色彩の対比が簡素な礼拝堂に華やかさを与えています。

所在地

東区主税町3丁目33番地

年代

明治37年(1904)(昭和60年改修)

構造等

木造・平屋建、桟瓦葺

司祭館

司祭館の画像

司祭館は外観を下見板張りとした洋風建築物であり、白壁・主税・橦木の町並み景観を形成する建物です。

登録文化財。

所在地

東区主税町3丁目33番地

年代

明治23年(1890)頃、昭和5年(1930)

構造等

木造・2階建、桟瓦葺

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ