ページの先頭です

愛知学院楠元学舎1号館

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日

ページの概要:愛知学院楠元学舎1号館について

愛知学院楠元学舎1号館

登録有形文化財。

東西に長い棟の南面中央部に、大きな開口部を持つ重厚な玄関車寄せを設け、棟の両端部も前方に張り出し、左右対称に構成されています。

スチールサッシを用いた大型の窓を配し、外壁には軒蛇腹(のきじゃばら)にまで達する片蓋柱(かたふたばしら)を付け、端正な西洋古典様式の構成法を踏襲しています。

茶褐色のスクラッチタイルが暖かみのある表情をつくり出しています。

所在地

千種区楠元町1丁目100番地

年代

昭和3年(1928)(昭和61年復元修理)

構造等

鉄筋コンクリート造・2階建

設計者

佐藤三郎

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ