ページの先頭です

4 駐車場

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年9月25日

ページの概要:4 駐車場について

(1)駐車場の整備

 本市では、都心部を中心に約1,919haを駐車場整備地区として都市計画決定し、駐車場整備計画を定め、行政と民間の適切な役割分担の下で駐車場を整備しています。

 駐車場整備計画では、平成12年までの路外駐車場の整備目標量を約18,600台とし、都市計画駐車場の整備促進及び附置義務駐車場や路外駐車場の整備促進を図っています。

 このうち、都市計画駐車場については久屋駐車場を始め14箇所、約4,900台分が供用されています。

※路外駐車場とは、道路の路面外に設置される自動車の駐車のための施設であって一般公共の用に供されるものをいう。

※都市計画駐車場とは、その対象とする駐車需要が広く一般公共の用に供すべき基幹的なもので、かつその位置に永続的に確保すべきものであるものとして、都市計画に定められる路外駐車場をいう。

 

<フリンジ駐車場の活用社会実験について>

 都心の周辺にある駐車場(フリンジ駐車場)に車をとめて、買い物等をしながらまち歩きを楽しんでもらい、都心の賑わいづくりや車の集中緩和を促すための社会実験を実施します。

  1. 期間 平成29年10月1日から平成29年11月30日までのうち、土曜、日曜、祝休日(受付時間 午前10時から午後5時まで)
  2. 場所 若宮パーク(名古屋市中区大須三丁目6番10号先)
  3. 内容 駐車料金30分あたり280円のところ、休日最大1,960円で打ち切り(当日限り)
  4. 対象 名古屋高速道路をETCにより利用し、その日に若宮パークに駐車した方

平成29年度フリンジ駐車場の活用社会実験関連資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

(2)駐車場案内システム

 駐車場案内システムとは、都心部などにおいて駐車情報を提供することにより、駐車利用者をスムーズに最寄りの駐車場へ案内するものです。

 本市が整備・運営している駐車場案内システムは、栄地区で平成3年に整備して以来、都心部の円滑な交通処理に寄与してまいりましたが、設備の老朽化など様々な課題が生じてきました。

 このような状況を踏まえ、平成20年度より駐車場案内システムの今後のあり方について「名古屋市駐車施策基本計画検討委員会」を立ち上げ検討してまいりました。

 その結果、今後の方向性として、現行の案内板による案内方式から民間情報サービスとの連携・活用によりインターネットやカーナビ等をメインとした、より高度な駐車情報を提供する方式へと移行することとなり、これに伴い、平成22年度からの案内板の電光表示を固定表示化するなどシステムの一部を変更させていただくこととなりました。

関連リンク

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部交通施設管理課施設管理係

電話番号

:052-972-2774

ファックス番号

:052-972-4170

電子メールアドレス

a2728@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ