ページの先頭です

地球温暖化対策計画書制度

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年3月16日

制度の目的

 本制度は、市民の健康と安全を確保する環境の保全に関する条例(環境保全条例)に基づき、温室効果ガスの排出量が相当程度多い工場・事業場(工場、オフィス、店舗などの事業所)を対象に、地球温暖化対策計画書の作成・届出・公表等を義務付け、事業活動における自主的な地球温暖化対策の促進を図ることを目的としています。

制度の対象(地球温暖化対策事業者)

 燃料並びに熱及び電気の量を合算した年度の使用量が原油換算で800キロリットル以上に該当する事業所(名古屋市内に限る)を設置又は管理する者は「地球温暖化対策事業者」として制度の対象となります。

該当する事業所の判定方法について

制度の概要

 地球温暖化対策事業者は、要件に該当した事業所ごとに、以下の内容が義務付けられています。

手続きの流れ

  1. 温室効果ガス排出量の抑制目標を定めた3年間の計画書を届出
  2. 毎年度、前年度分について実施状況を報告
  3. 届出(報告)した計画書及び実施状況の内容を事業所自ら公表
地球温暖化対策計画書制度の手続きの流れ

計画書の届出・実施状況書の報告

 計画書の届出年度により、今年度の提出書類や使用係数が異なります。必ず、計画書の届出年度ごとに指定の様式・記入要領を使用してください。

提出書類の様式及び記入要領について

提出期限

 7月末日

提出方法

 郵送もしくは持参

  • 必要な書類を1部ずつ提出してください。
  • 届出書及び報告書について、収受印を押印した控えが必要な場合は2部(郵送の場合は返信用封筒を同封のうえ)提出してください。
  • 代表者印の押印が不要な計画書、実施状況書及び添付書類につきましては、電子メールによる提出でも構いません。
  • 計画書、実施状況書及び添付書類を印刷する際は、両面印刷に努めてください。

変更・廃止・承継の報告

変更・廃止・承継の報告様式

提出期限

 変更等が生じた後、速やかに提出してください。

 なお、変更等の内容及び時期が確定している場合は、事前に提出いただいても構いません。

提出方法

 郵送もしくは持参

  • 提出部数は1部です。
  • 収受印を押印した控えが必要な場合は、2部(郵送の場合は返信用封筒を同封のうえ)提出してください。
  • 代表者印の押印が必要な書類ですので、電子メール又はファックスによる届出は受け付けません。

計画書等の公表

計画書及び実施状況書の公表

地球温暖化対策事業者における取組等

 地球温暖化対策計画書制度において対象事業所から届出のあった「地球温暖化対策計画書」及び「地球温暖化対策実施状況書(地球温暖化対策結果報告書)」をもとに、温室効果ガス排出量の結果、エネルギー使用量の傾向、温室効果ガスの抑制に係る措置・取組をまとめました。

関連規定など

なごや省エネコミュニケーションについて

 省エネルギーの専門的な知識を有した「省エネルギー指導員」が、地球温暖化対策計画書の対象事業所を順次訪問、取組内容や設備管理の状況を現場で確認し、より効果的な取組等について意見交換、助言等を行う「省エネコミュニケーション」を実施しています。

 省エネルギーに関するご相談も受け付けておりますので、お問い合わせください。

省エネルギーに関する情報・支援

東海三県一市カーボン・オフセットワーキンググループについて

 岐阜県、愛知県、三重県とともに、地球温暖化対策の連携した取組の一環として、東海三県一市カーボン・オフセット推進ワーキンググループを設置し、カーボン・オフセットに係る情報交換、情報共有を進めています。

東海三県一市カーボン・オフセットワーキンググループ(外部リンク)別ウィンドウ

このページの作成担当

環境局環境企画部環境活動推進課事業活動推進係

電話番号

:052-972-2693

ファックス番号

:052-972-4134

電子メールアドレス

eco-nagoya@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ