ページの先頭です

オオカンザクラの並木道

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年5月13日

「オオカンザクラの並木道」地図

桜通線高岳駅2番出口からオオカンザクラの並木道への地図

オオカンザクラの並木道

 東区泉二丁目と三丁目を隔てる南北の道路にある寒桜の並木道は、毎年市内でいち早く花見ができる名所となっています。

 昭和36年(1961年)春、「名古屋で一番早く咲く桜を植えていただきたい」という地元の希望がかない、当初16本の苗木が植えられました。当時植えられた木で残っているのは6本ですが、その後新たに植えられたものも含めて、現在では約140本の桜が並木道をつくり、早い春が楽しめます。

 淡紅色の桜は、大寒桜(オオカンザクラ)で、 濃い紅紫色の桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)です。

開花時期には、東区公式ツイッター・フェイスブックで開花状況をつぶやいています

場所

「桜通泉二丁目」交差点から「芳野二」交差点北まで 全長約1.4キロメートル

交通アクセス

地下鉄で

  地下鉄桜通線高岳駅下車

  2番出口を出てすぐの交差点「桜通泉二丁目」を左折

 

名古屋駅から市バスで

  幹名駅1号系統「上飯田」行き「飯田町」下車

  幹名駅1号系統「大曽根」行き「飯田町」または「白壁」下車

  基幹2号系統「光ケ丘」または「猪高車庫」行き「白壁」下車

  なごや観光ルートバスメーグル「文化のみち二葉館」下車

 

栄から市バスで

  栄14号系統「上飯田」行き「飯田町」下車

  基幹2号系統「引山」または「四軒家」行き「白壁」下車

 

大曽根から市バスで

  幹名駅1号系統「名古屋駅」行き「白壁」または「飯田町」下車

  東巡回系統「茶屋ケ坂」行き「飯田町」下車

  

名古屋市交通局のホームページ

大寒桜(オオカンザクラ)とは

バラ科サクラ属の落葉高木。

樹高は5メートルから10メートル。花は中輪、一重咲きで淡紅色です。

花は半開状で、下を向いて咲きます。

開花時期は、染井吉野(ソメイヨシノ)より一週間ほど早く、年によっては3月初旬に咲き始めます。

咲き始めの頃は遠目には白く見えますが、散り始める頃になるとピンクがかって見えます。

寒緋桜(カンヒザクラ)と山桜(ヤマザクラ)、または寒緋桜(カンヒザクラ)と大島桜(オオシマザクラ)の雑種といわれています。

寒緋桜(カンヒザクラ)とは

バラ科サクラ属。サクラの原種の一つ。

樹高は5メートル程度です。

花は小輪、一重咲きで濃紅紫色です。また、釣り鐘状の花が特徴です。

下向きに咲く花やぱっと大きく開かない花が多く見られます。

開花時期は、3月中旬です。

緋寒桜(ヒカンザクラ)ともいわれますが、よく似た名前の彼岸桜(ヒガンザクラ)と区別するために、

最近は、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼んでいます。

 

満開のオオカンザクラ(過去の写真)

オオカンザクラの並木道。飯田町から南方面を望む方向

このページの作成担当

東区役所 区政部 地域力推進室 地域力推進係
電話番号: 052-934-1123
ファックス番号: 052-935-5866
電子メールアドレス: a9341123@higashi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ