ページの先頭です

液化石油ガス設備工事届

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年7月1日

概要

 学校、病院、興行場その他の多数の者が出入する施設又は多数の者が居住する建築物であって、経済産業省令で定めるものに係る液化石油ガス設備工事をした者は、経済産業省令で定めるところにより、遅滞なく、その旨を市長に届け出なければなりません。

 なお、経済産業省令に定めるものに係る液化石油ガス設備工事の内容については、以下の通りです。

特定供給設備以外の供給設備(当該供給設備に係る貯蔵設備の貯蔵能力が500キログラムを超えるものに限る。)の設置の工事、又は変更の工事であって

  1. 供給管の延長を伴う工事
  2. 貯蔵設備の位置の変更又はその貯蔵能力の増加を伴う工事

事務の根拠

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律第38条の3

手続の時期

工事終了後遅滞なく

提出書類

液化石油ガス設備工事届書(2部提出)

添付書類

【共通】

  • 委任状(代理者が手続をする場合)
  • 設備工事の内容等
  • 気密試験検査記録の写し(チャート紙等)
  • 貯蔵設備構造図(平面図、側面図、立面図)
  • 配管図
  • 貯蔵設備の位置を示す図面(火気との位置関係が分かる書類)
  • 貯蔵設備の全景写真


【容器による貯蔵能力が、1,000kg以上3,000kg未満の場合の追加書類】

  • 供給設備の技術上の基準
  • 貯蔵設備の付近の状況を示す図
  • 障壁の図面
  • さく、へい等の写真
  • 警戒標の写真
  • 消火器が写った写真


【バルク貯槽による貯蔵能力が、500kgを超え1,000kg未満の場合の追加書類】

  • バルク供給設備の技術上の基準
  • バルク貯槽の付近の状況を示す図
  • 構造壁の図面
  • 特定設備検査合格証又は特定設備基準適合証の写し
  • 基礎部分が写った写真
  • 貯槽の表示が写った写真 
  • 緊急時連絡先の表示が写った写真

様式等のダウンロード

添付ファイル

受付窓口・問い合わせ先

このページの作成担当

このページの作成担当

消防局予防部規制課保安係

電話番号

:052-972-3553

ファックス番号

:052-972-4196

電子メールアドレス

00hoan@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ