ページの先頭です

都市再生整備計画事業(旧:まちづくり交付金事業)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年10月4日

都市再生整備計画事業(旧:まちづくり交付金事業)とは

 地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主体の個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図る制度です。

事業の仕組み

 市町村が作成した都市再生整備計画に基いて実施される事業の費用の一部に国から交付金が充当されます。

  • 都市再生整備計画
    市町村は地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標と目標を実現するために実施する各種事業を記載した都市再生整備計画を作成します。
  • 事後評価
    交付期間の終了後又は交付期間の最終年度中に、市町村は、目標の達成状況等に関する事後評価を行い、その結果を公表します。

都市再生整備計画の概要

事業の実施地区

事業の完了地区(平成23年度から平成30年度に事後評価を実施した地区)

事業の完了地区(平成31年度事後評価実施予定地区)

関連コンテンツ

都市再生整備計画事業(旧:まちづくり交付金事業)事後評価について

事後評価とは、事業着手前の計画策定時に市町村が設定した目標や指標について、交付期間の終了後又は交付期間の最終年度中に、その達成状況等を検証し、要因分析を行うとともに、今後のまちづくり方策を検討するものです。


このページの作成担当

住宅都市局都市整備部市街地整備課総括係

電話番号

:052-972-2752

ファックス番号

:052-972-4163

電子メールアドレス

a2746@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ