ページの先頭です

境川水系の河川

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年4月1日

境川水系概略図

鞍流瀬川など、本市緑区南部、境川水系の概略図の画像

鞍流瀬川など、本市緑区南部、境川水系の概略図

各河川の諸元など

境川

 境川(さかいがわ)は、みよし市・日進市・豊田市3市境の三峯峠付近に発し、豊明市、大府市などを流下して、刈谷市・東浦町境の河口付近で逢妻川と並流しながら知多湾最奥部の衣浦湾に流出する流域面積220平方キロメートル(逢妻川流域を含む)、流路延長25.5キロメートルの二級河川です。

 本市では、緑区と豊明市・大府市との市境付近にあたる約20平方キロメートルの地域が境川流域に含まれております。

 市内の主な支川としては、緑区の桶狭間地区を流下する鞍流瀬川が挙げられます。

鞍流瀬川

 鞍流瀬川(くらながせがわ)は、緑区有松町桶狭間の大池に発し、緑区、大府市を流下して、大府市・東浦町境で石ヶ瀬川に合流する流域面積16平方キロメートル、流路延長6.6キロメートルの河川で、下流4.7キロメートルの区間が二級河川に指定されています。また、緑区内の1.9キロメートルの区間が準用河川に指定されています。

 本市では1980年度から、護岸整備等の改修事業を行っております。
鞍流瀬川緑区桶狭間神明地先から上流、セト山交差点方向を望むの画像

鞍流瀬川 緑区桶狭間神明地先から上流、セト山交差点方向を望む

このページの作成担当

緑政土木局河川部河川計画課企画調査係

電話番号

:052-972-2884

ファックス番号

:052-972-4193

電子メールアドレス

a2881@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ