ページの先頭です

愛(あい)と力(ちから)の筏像(いかだぞう)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月26日

ページの概要:愛と力の筏像の紹介

愛と力の筏像の写真

愛と力の筏像

 昭和34年(1959年)の伊勢湾台風のとき、大同高等学校本館は二千余名の人々で泥海の避難場所となりました。同校生徒は多くの人と一丸となって、手作り筏で人命救助、物資の輸送、清掃、復興などに活躍しました。この像は、純真な生徒の愛と力の姿を永く伝えてその行いを顕彰し、後進の励みとするシンボルです。また、この像には当時の浸水位が刻まれています。

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-823-9326

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239326@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ