ページの先頭です

緑区歴史散策路の紹介

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2010年6月8日

ページの概要:緑区の史跡散策路と有松の歴史と沿革についてのご案内です。

緑区史跡散策路

古い歴史を持つ私たちのまち緑区。

あちらこちらに歴史と伝統・文化が息づいています。

わが町再発見! あなたも歩いてみませんか?

おねがい

  • 史跡・文化財はみんなの貴重な財産です。よごしたり、傷つけたりしないように注意しましょう。
  • 史跡を管理する人に、迷惑をかけないようにしましょう。
  • ゴミ、タバコ、空き缶などの投げ捨てをやめ、まちの美化・防火に努めましょう。
  • 自然を大切に、樹木を折ったりしないようにしましょう。
  • 交通ルールを守り事故には十分気をつけ、他の通行の迷惑にならないよう注意しましょう。

鳴海宿コース(約4.2キロ)

東海道五十三次の宿場町として発展した鳴海の町並みは、旧東海道をはさんで、南に扇川、北の丘陵地帯に寺社があり、今も昔の風情を残しています。

緑区史跡散策路・鳴海宿コースの紹介

有松の町並みと桶狭間古戦場コース(約4.1キロ)

有松は、旧東海道の宿場鳴海宿と池鯉鮒宿との間に位置し、茶屋集落(間の宿)として有松絞とともに発展したところであり、今も昔のたたずまいを残しています。織田信長が今川義元を奇襲し義元戦死の地として伝えられる桶狭間は、今もその戦場を思いおこすことができます。

緑区史跡散策路・有松の町並みと桶狭間古戦場コースの紹介

大高城下コース(約5.7キロ)

古い歴史をひめた氷上の森、落ち着いたたたずまいの大高城下の町並み、そして桶狭間合戦のゆかりの砦など、歴史的変遷に富んでいます。

緑区史跡散策路・大高城下コースの紹介

千鳥塚コース(約5キロ)

俳人芭蕉にゆかりのある史跡のほか原始・古代時代の生活をしのぶ貝塚・古墳・日本武尊の古代史をたずねることができます。

緑区史跡散策路・千鳥塚コースの紹介

緑地・砦コース(約5キロ)

諏訪社の森をスタートに、鳴海八幡宮、鷲津から丸根に至り、木立が多く緑豊かな坂道があり、四季の香りがただよいます。大高緑地は、樹木に囲まれた芝生と散歩道、スポーツ・遊戯施設もあり、家族揃って楽しめます。

緑区史跡散策路・緑地・砦コースの紹介

有松の歴史と沿革

 旧東海道に面した、名古屋市緑区の有松地区には、絞り染めとともに発展し、その繁栄を今に伝える江戸時代から続く古いまちなみが残されています。昭和59年にはこの地区一帯が「有松町並み保存地区」に指定され、今日まで歴史的なまちなみの保存がはかられてきました。

有松の歴史と沿革

このページの作成担当

緑区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-625-3875

ファックス番号

:052-623-8191

電子メールアドレス

a6253875@midori.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ