ページの先頭です

医療安全相談窓口

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年6月1日

ページの概要:医療安全相談窓口の案内や相談方法

医療安全相談窓口とは

医療に関する市民の方からの相談に応じ、解決への糸口を探すお手伝いをします。
必要に応じて相談いただいた内容等を医療機関等に情報提供し、患者サービスの向上を図りますが、相談者の了承なしには個人情報は漏らしません。
中立的立場から患者・家族と医療機関との信頼関係を支援します。
相談者のプライバシーは十分配慮します。

相談事例・・・・こんなときにご相談ください。

医療に関して、どこに相談したらよいか分からない。
医師や看護師の態度が気になる。
自宅や職場の近くの病院や診療所が知りたい。
何科で治療を受けてよいか分からない。
主治医以外の医師の話を聞きたいが、どのように切り出したらよいか。
セカンドオピニオンを行っている医療機関が知りたい。

相談方法は?

電話

相談電話番号

052-972-2634

相談日時

月曜日から金曜日(祝日及び休日を除く)の午前8時45分から正午、及び午後1時から午後5時15分まで。(12月29日から1月3日を除く)

面談

面談による相談は事前に電話相談により予約いたします。

窓口一口メモ

薬は診察を受けてから、もらいましょう。

「いつも同じくすりだから」とか「診察の待ち時間が長いから」などという理由で、医療機関に対し、薬のみを希望される方がいます。しかし、自覚症状がなくても、病状が変化している場合もあります。医師は、患者さんの症状・体調等に応じて薬の種類や量を決定し、処方しますので、必ず診察を受けてから薬をもらうようにしましょう。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうは、国家試験に合格した有資格者であることを確認して受けましょう。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうを業として行うには、それぞれあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の免許(国家資格)が必要です。これらの施術を受けられる際には、施術者が有資格者あることを確認してください。

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律

第1条 医師以外の者で、あん摩マッサージ、若しくは指圧、はり又はきゅうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許を受けなければならない。

このページの作成担当

健康福祉局健康部保健医療課地域医療係

電話番号

:052-972-2623

ファックス番号

:052-972-4154

電子メールアドレス

a2623@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ