ページの先頭です

難病に関する医療給付

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年7月2日

 難病により療養されている方を対象に、医療給付事業についてご案内いたします。


特定医療費助成制度(指定難病)

 本制度では、難病(原因が不明で治療方法が確立しておらず、希少な疾病であって長期の療養を必要とするもの)のうち、厚生労働大臣が指定する指定難病を対象に疾病の治療にかかる医療費の助成を行っています。


名古屋市特定疾患医療給付事業

 名古屋市では、委託病院において「突発性難聴」の治療をしている方を対象に医療費の助成を行っています。


愛知県特定疾患医療給付事業

 愛知県では、国が特定疾患治療研究事業の対象としているスモンをはじめとする4疾患を対象に、また、県独自事業として血清肝炎及び肝硬変の2疾患を対象に医療費の助成を行っています。


在宅人工呼吸器使用患者支援事業

 名古屋市では、人工呼吸器を装着していることについて特別に配慮を必要とする難病患者に対して、医療費の助成を行っています。


関連リンク

このページの作成担当

健康福祉局健康部健康増進課地域看護係

電話番号

:052‐972‐2632

ファックス番号

:052‐972‐4152

電子メールアドレス

a2632@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ