ページの先頭です

調査研究発表会

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年3月15日

平成30年度調査研究発表会

平成30年度調査研究発表会の様子

平成30年度調査研究発表会は2月8日に開催し、

「地点別のPM2.5濃度変化から推定される高濃度要因」

「名古屋市における有害大気汚染物質濃度の20年間の経年変化」

「生物応答を用いた名古屋市内事業場排水の評価」

「植物プランクトンから見た中川運河の水質」

「道路交通騒音対策について-低騒音舗装および遮音壁の効果-」

の5題について講演を行いました。
この他、「名古屋市水環境中のネオニコチノイド系農薬類の濃度分布」や、「大気に関する環境問題における電子顕微鏡の活用法」等について、ポスターを使って説明しました。

平成29年度調査研究発表会

平成29年度調査研究発表会の様子

平成29年度調査研究発表会は2月16日に開催し、

「名古屋市内で掘削されたボーリング試料中の自然由来有害重金属の分布概況とその起源推定」

「名古屋市水環境中のネオニコチノイド系農薬類の濃度分布」

「大気に関する環境問題における電子顕微鏡の活用法」
 
「風向別に採取したPM2.5からわかること-化学成分の特徴-」

の4題について講演を行いました。
この他、PM2.5における植物燃焼の影響や、ため池の生物多様性等について、ポスターを使って説明しました。

平成28年度調査研究発表会

平成28年度調査研究発表会の様子

平成28年度調査研究発表会は2月10日に開催し、

「名古屋市内河川・海域中のベンゾイミダゾール系及び尿素農薬の近年の動向について」
「ため池の生物多様性について」
「PM2.5の大気シミュレーションについて」
「PM2.5における植物燃焼の影響について」

の4題について講演を行いました。
この他、中川運河や道路交通騒音等について、ポスターを使って説明しました。

平成27年度調査研究発表会

調査研究発表会

平成27年度調査研究発表会は、2月2日に開催し、

「環境浄化に役立つ微生物」
「中川運河における死魚発生時の水質―多項目水質計による水質測定結果から―」
「中川運河の沈降物―ヘドロの元はこれ?―」
「道路交通騒音対策としての低騒音舗装の特性と効果の経年変化」
「PM2.5濃度分布の空間統計解析」

の5題について講演を行いました。
この他、ヒートアイランドや未規制化学物質等について、ポスターを使って説明を行いました。

平成26年度調査研究発表会

調査研究発表会

平成26年度調査研究発表会は、2月6日に開催し、

「地理情報システムを利用した自然由来の広域的な地下水汚染の推定」
「未規制化学物質のモニタリング手法および調査結果」
「水生生物を用いた排水評価方法について」
「生鮮食品生産時の温室効果ガス排出量を調べる」
「熱田の杜のヒートアイランド緩和効果等のいろいろな有用性」

の5題について講演を行いました。この他、PM2.5や生物調査等について、ポスターを使って説明を行いました。

平成25年度調査研究発表会

平成25年度調査研究発表会の様子

平成25年度調査研究発表会は、2月7日に開催し、

「環境中の化学物質を調べる」
「河口部ヨシ原の生きものと働き」
「環境データの視覚化についての検討」
「名古屋の光化学オキシダントの現状と課題」
「PM2.5の状況と高濃度事例の解析」

の5題について講演を行いました。この他、酸性雨や生物調査などについて、ポスターを使って説明を行いました。

平成24年度調査研究発表会

平成24年度調査研究発表会の様子

平成24年度調査研究発表会は、2月8日に開催し、

「酸性雨は、まだ降っているの?」
「バイオマスエネルギーって何?‐石油に代わる次世代エネルギー‐」
「才井戸流れの水を生き物‐”きれい”と”大変きたない”の同居‐」
「目に見えない塵はどこから来たの?‐PM2.5中炭素の起源推定‐」

の4題について講演を行いました。

平成23年度調査研究発表会

平成23年度調査研究発表会の様子

平成23年度調査研究発表会は、2月3日に開催し、

「青果物の消費とCO2排出の関係を探る」
「中川運河の水質の季節変動について‐死魚発生の原因究明に向けて‐」
「硝化反応がBODに与える影響‐堀川の事例‐」
「風の道で暑いなごやを冷やせるか?」

の4題について講演を行いました。

平成22年度調査研究発表会

平成22年度調査研究発表会の様子

平成22年度調査研究発表会は、2月4日に開催し、

「名古屋市内における樹木着生こけ類について」
「水環境に存在する微量化学物質について」
「道路交通騒音対策としての低騒音舗装の効果」
「光化学オキシダントの植物への影響」

の4題について講演を行いました。


平成21年度調査研究発表会

「光化学オキシダントと粒子状物質の汚染機構解明に関する研究」
「名古屋市における微小粒子状物質(PM2.5)研究と汚染状況」
「微生物による地下水汚染物質の浄化について」
「ダイオキシン類分解技術の開発」

の4題について講演を行いました。

平成21年度の講演要旨集はこちらからご覧いただけます。

このページの作成担当

環境局地域環境対策部環境科学調査センター企画管理係

電話番号

:052-692-8481

ファックス番号

:052-692-8483

電子メールアドレス

a6928481@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ